2018年06月03日

10人の求人に対して応募が1人の業界

20180603_075314.jpg
平成31年春卒業予定の大学生らを対象とした経団連加盟の大手企業を中心に採用選考活動が1日に解禁されましたが明暗がはっきりとわかれております

就職活動は学生優位の「売り手市場」が鮮明化ですが業種によっては全く足りない業種と足りすぎている業種と明らかに違いがあります

特に中小企業や流通、建設、製造業界では人手不足や学生の「大手志向」を背景に有効求人倍率が10倍前後に達し、約10人の採用枠に対して学生の応募が1人にとどまる事態に陥っているようです



やはり中小企業は安定感がないので避けられ、また建設や流通業界は肉体労働が多いので人が集まらないんですね

それに比べて金融や情報サービス業などは応募が多すぎるらしいです

やはり肉体労働は避けられてパソコンを使って体を使わない業種が選ばれるのは当然ですが、ここまで格差が広がっているとは思いませんでした



流通、製造、建設業は10人の応募に対して学生は1人しか来ないんですからね本当に大変ですよね

こういう若い学生が来ない業種は中高年を活用するしかないでしょうね


最近は高齢化社会ですからお客さんも働き手もどちらも高齢者を対象とする商売を考えた者が成功するような気がしますね



高齢者にニーズのあるサービスを行い、働く者も高齢者を活用することを考えれれば今後のニーズに合っていきますからね

採用枠10人に対して1人しか応募のない業種で勝負しようとしても限界がありますからね・・・・・

と言うか殆んど無理って事ですからね



いや〜〜〜しかし昔から肉体労働は大変だから給与も高かったですが今に比べると他に楽な仕事がなかったので応募もあったのですがコンピューターの進化と共に肉体労働をしなくても稼げる業種が増えたのが流通、製造、建設業界に人が行かなくなった理由でしょうね

同じ給与ならば肉体労働には行きたくないですからね

今後は中高年を対象にした商売で求人も中高年を対象にしないとダメだなって思います
posted by ヒデミツ at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

故意のない違反なんだろうな

全国の警察は6月1日から、社会問題化している高速道路上での「あおり運転」の一斉取り締まりを始めたそうですが昨日乗ったタクシーは本当に車間距離が近くて怖かったです

警察は車間距離保持義務違反などで摘発するために覆面パトカーのほか、都道府県警によってはヘリコプターで上空からも監視するそうですが昨日のタクシーは絶対に捕まるだろうなって感じの車間距離だったんですよね

私が怖いので運転手さんにこんなに車間距離が近くて怖くないの???って聞いたら「え、ぜんぜん怖くないですよ」って言って車線を右に左にと移動しながら前の車にぴったりとくっ付けて走っているので本当に降りたかったです



私は自分自身は放しすぎではって言われる位車間距離を空けるのが習慣になっているので大抵誰の車に乗っても怖いんです

しかし昨日のタクシーは本当に近くて後ろに乗っている私からの目線ですと前の車にぶつかりながら走っている様に見えちゃっていたんですよね

警察が観たら正に「あおり運転」に見えると思います



しかし本人は全くあおっているつもりがないのが本質的な問題なんですよね

本当にあおり運転をするつもりでしている人もいるでしょうが、本人はあおっているつもりがないのに人から見るとあおっているように見える運転ってあるんですよね

車間距離が近くても怖くない人って「怖くないの?」って聞いても全然怖くないって言うんですから、もうこればかりは話が合わないと言うか体感があわないから仕方がないんですよね



きっとこれから上空からヘリコプターで取り締まりをしたら相当取り締まられる人はいるでしょうが、きっとその人自身はあおっているつもりもないし怖くもないんで取り締まりの現場ではもめる可能性はありますね

車間距離は人間の感覚で怖くない人に怖くないか??って聞いても怖くないわけで、違反の中では最も違反の故意のない違反だと思いますね




目の悪い人は運転免許を取得する際に「眼鏡等使用」の条件が付きますが、そもそも眼鏡をかけろって言われなくても眼鏡を掛けますから違反することはないでしょうが車間距離の近い人はそれで怖くないので取り締まられても悪いことをしていると言う実感はないと思いますからね

今後は警察があおり運転の取り締まりで車間距離の近い人を取り締まってくれると私としては安心できます

人に言われても治らないので警察に取り締まられれば敢えて空けるでしょうからね

しかし取り締まりの現場はもめそうですね

昨日は、あおり運転の取り締まりを強化すると言うニュースをスマホで観ながら車間距離の究極に近い運転のタクシーに乗って本当に怖い思いをしました

posted by ヒデミツ at 08:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

本人は満足の最後だったかも

kisyu.jpg
「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎さんと言う和歌山県に住む77歳の資産家が死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されていたことがわかったようですがこの人にとっては良い人生だったんですかね

私も以前この人が家に連れてきた女性にお金や宝飾品を盗まれたと言うニュースを観まして一体どんな人なんだろうと思って本を買って読んだことがありました



中学を卒業して訪問販売などをやって生計を立てて金融や不動産の仕事をしていたとの事ですが本を読んでいると大変楽しそうな人生なんだろうなって思ってしまう反面、信じれるものが殆どなかったんだろうとも思ってしまいます

きっと女性の事も信じれないから大勢の女性にお金を貢いで付き合って来たんだろうなって思えますね



最後は22歳の若いモデルの妻と再婚していたそうですが、一見羨ましい感じですが本人はきっと世間を信じれない自分への満足の為に、これでもかと言う様に女性にお金を貢ぎ、そしてこれでもかと言う位に若い娘を妻にして心の満足感を得ていたいんだと思います

最後は多量の覚せい剤が体内から見つかったとの事で警察は殺人容疑で家宅捜索をしているそうですが普通の人とは違って思い当るふしは沢山あるでしょうね



人間ってお金がなければないで困りますがあればあったで色々と悩みも出て来るんですよね。

置かれている立場立場で悩みがありますが、この野崎さんはきっと金融の仕事をしていた事もあってお金はあったかもsれませんが人間不信は人一倍だったでしょうね



銀行とかでない金融から借りる人は事業資金とかでなくて生活費が困っているんでしょうから、そう言う人にお金を貸して利息を付けて返してもらうって大変な事ですから相当に普通の人とは掛け離れた精神だったと思います

今回はこの様に形で亡くなられましたが本人は自分の最後にもしかすると満足しているかもしれません

今後の捜査の結果で死亡原因も判るでしょうかが、私の感覚からすると野崎さんにとっては満足できた最後だったんではないかなって思えてきます
posted by ヒデミツ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

判りにくくなる選挙制度

自民党は、来年の参議院選挙に向けて参議院の定数を6増やすことなどを盛り込んだ公職選挙法の改正案をまとめたようです

改正案では「一票の格差」の是正に向け、選挙区の定数を2増やして埼玉県に配分することや選挙区間の最大格差を3倍未満に縮小するとのことです



併せて比例代表の定数を4増やし、原則は現行の「非拘束名簿式」としながらも一部に順位付けができる「拘束名簿式」を導入する案も含まれています

自民党内の選挙区の事情の都合で好きな様に変えれますから良いですよね



比例代表も一部拘束名簿式にするとなると益々有権者には判りにくい事情になります

衆議院の比例代表は拘束名簿式で投票用紙には政党名を書くのに対して、参議院の比例代表は非拘束名簿式で政党名でも候補者名でも良いと言う判りにくい制度に加えて、参議院の比例代表は一部拘束名簿になるとなるともっとわかりにくい制度になりますからね



どうせならば衆議院も参議院も比例代表は政党名だけにして拘束名簿式だけで良いと思いますけどね

恐らく普通の人達は比例代表の事をしっかりと判っている人って殆どいないと思いますね



今回も比例代表で一部拘束名簿にするって自民党の選挙区調整がつかない都合だけで変えるんですから自民党は何でも自身の都合の良い様に出来てしまうんですね

森友、加計の様な問題もこういう自民党の体質が引き起こしたのかもしれませんからね


まあ支持政党なしはどちらでも良いですが

本当に選挙制度は素人には判りにくい制度になっていきます
posted by ヒデミツ at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

返納よりも使わない環境

c0b6b531c4e7a2ca43b699f00fc79a14_s.jpg
先日神奈川県の茅ヶ崎市で90歳の女性が運転する車が4人をはねて1人が死亡した事故がありましたが今後は高齢者による事故は増えるでしょうね

今回の事故は「赤信号と分かっていたが、誰も横断歩道を渡り始めていなかったので行けると思った」との事で認知症とは関係がなさそうですね



3月に運転免許証を更新した際の認知機能検査で問題は見つからず、優良運転者免許証を持っていたようですからタダの赤信号無視の事故なんでしょうが正直赤信号と判っていて違反をしてまで信号を渡る高齢者がいるんだなって改めて思いました

信号無視と高齢ドライバーって想像が付きにくいですからね

90歳の女性も人生の終わりごろになって汚点を残すことになってしまいましたが、これは人間誰でも起こり得る可能性はありますからね



事故も昨日までないから今日もない保証は一切ないですし、健康状態も同じで昨日まで健康で今日倒れる事だってありますからね

私はここ数年は仕事以外では車の運転をするのは控えておりますし、仕事でもなるべく電車を使う様にしております



仮に事故をした際にも仕事で仕方がなかったのか遊びで使っていて事故をしたのかですと遊びで使っていた時でしたら悔やまれますからね

今回事故を起こした90歳の女性は家族から免許を返納するように言われていたようですがきっと免許の返納って普段車を使っている人にとりましたら大変な決断をすることになりますので特に地方は返納したがらないんではないでしょう

高齢者になってきたら狭くても良いですが駅が近くて近所にコンビニやスーパーがあるところに住むべきですね



今後は駅前とかに高齢向けのマンションとかも増えるかもしれませんね

他人事ですと免許の返納をって言えますが自分のことになると皆やはり免許の返納はしたがりませんので免許の返納よりも車を使わない生活にすることが高齢者になればなるほど大事なんだなって思いました
posted by ヒデミツ at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

ワースト10

9f3f01d8366a01d7a407e9bc2fb43223_s.jpg
自民党は28日の記者会見で、2017年の獲得党員数が少ない国会議員10人を公表したようです

不祥事や失言が相次ぎ「魔の3回生」と呼ばれている2012年衆院選の初当選組が5人と半数を占めたようです

しかしワースト10を発表するって見せしめの様で自分がそうだったら嫌ですよね



党員獲得目標は1000人らしく足りない場合は一人当たり2000円を負担しなければならない様です

最下位の人は100人台らしくそうすると足りない900人分×2000円とすると180万円近く負担することになりますね



私も昔子供の頃に塾に行っていた際に成績上位者が貼りだされたり発表されておりましたがワースト10などは発表されておりませんでしたが、実はワーストを発表される方が精神的には追い詰められて頑張るかもしれませんね

それか割り切って1000人分×2000円を最初から払って党員獲得をあきらめるかですがそれも中々出来ませんけどね

しかし自民党もワーストを発表する所もいわゆるオゴリの体質なんですね



本当に自ら希望して党費を払ってでも入党したいっていう人を1000人集めてくるのは大変ですよ

1000票獲得するのとは大違いで難しいですからね

なにせ党員は党費を払わないといけませんからね

トップの武田良太元副防衛相は12000人も集めているそうですがどこかの組織を使わないととても集めれる数字ではありませんからね




業界団体がつかないと何も党費なんて払って自身の仕事にも生活にも全く影響がないのに党員になるという人を1万人以上見つけてこれるはずがないですからね

しかし党員獲得数ワースト10を発表するという発想はやる気を出させますし営業会社の発想でもあり、集めれない人はプレッシャーでしょうね

この発想は党に力があり公認の有無がその議員の生死に直結するので言えるのでしょうが、一度は言ってみたいなって思ってしまいます

自民党所属の国会議員の2割が目標の1000人に達しなかったそうですが、もし私が自民党の所属国会議員ならば武田良太議員の様に12000人も一度に集めないで、今後もこの様な党員集めの指示が出る時に備えて小出しに3000人くらいずつで所属国会議員の中で中位の位置を保ちたいと思いますね

一度に全力で持ち球を使ってしまうと後が続かなくなりますからね

まあ今やどんなに叩かれても支持率がそれ程下がらない自民党の議員であればこその事で国民民主党や希望の党なんかでしたらいつどうなるか判らないから自分の持ち球を出したくないですよね


どうせならばワースト10だけでなく全リストが観てみたいです

posted by ヒデミツ at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

説明できないからこそ問題に

wakaranai.jpg
ニュースを観ていますと森友学園の問題も加計学園の問題でも何でも何か疑惑がもたれますと「説明責任を果たさないと」と言われますが、それは無理で説明責任が果たせないからこそ問題になっているんですよね

最近は加計学園の問題で与党からも加計理事長を国会に呼んだ方が良いとか、総理には国民に判り易い様に「説明責任を果たしてもらいたい」とか言われていますが、それが出来たら今までこんな長く論戦になっていないですからね



説明責任って言っても森友だって加計だって置かれている人それぞれの立場で自分に有利になるように忖度したり隠蔽したりしている訳で関係者は皆もう自分だけで説明責任は果せる状況ではないでしょうね

何を言っても必ず野党からは反論されますしね

ですからテレビなどでこういう事が起きるといつも「説明責任をはたさねば」って言われていますが無理だなって思っております



日大のアメフトの問題は監督やコーチが嘘を付いている可能性は高いしそれを監督やコーチが認めれば話は終わりますが、森友や加計の問題は色々な役所が絡み合っていて「どこが」って言う焦点がないんですよね

総理だって年間に何度もあっていて2017年2月になって「え、そんな話があったんだ」なんて初めて聞いたなんて事がもし本当だったとしたらそれまでに何十回もあっていた時は何の話をしていたんだって事になりますからね



総理が加計学園の為に直接何か動いたかどうかは判りませんが少なくとも獣医学部新設の事を知らなかったはずはないですからね

昭恵夫人は動いたかもしれず、また役所も総理の関係している話なんだなと思えば少なからず忖度はしていたでしょうがその忖度を説明しろって言われたても中々説明がしずらいと思いますね

森友学園の籠池さんも未だ小学校建設を諦めていないようですし、こうなると忖度は絶対に働かないでしょうから諦めないでやるならやれば良いと思いますね



また加計学園は既に開校済みで今更引き返せませんがこれ以上野党が何を言っても真相は解明されないでしょうしだからこそ「忖度」があったと言う事なんですよね

説明出来ないからこそ「忖度」なんですね

マスコミもコメンテーターも議員達も説明責任と言う事を言いますが今後も絶対に説明責任は果たせないと思っております
posted by ヒデミツ at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする