2019年08月17日

サウナの中でスーツ

asekaki.jpg

今日は東京は37度予想が出ておりまして朝から暑いです

私が子供の頃は37度予想なんて天気予報で観た事なかったですからね

そして私の家にはクーラーが中学生までありませんでした



しかし暮らせていけたんですよね

人間の体って環境に慣れるんですね

私は普通の人に比べて暑がりで汗っかきなので生活が困ります

病院にも掛かった事がありますが汗を止める薬ってないんですね

今までいくつかの病院に行きましたが汗を止める薬は貰えませんでした

あるのかもしれませんが体に悪いのできっと処方してくれないんでしょうね

汗を止めれる薬を知っている方がおりましたら教えてください

もしくはそういう病院があったら教えてもらいたいです



今日は家を出た瞬間から街がサウナ状況ですから本当に嫌です

サウナの中をネクタイをしてスーツを着て仕事をすると考えるだけで嫌ですからね

本当に困ります

posted by ヒデミツ at 10:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

レイプが原因で17歳で安楽死した少女



オランダで17歳の少女がレイプによるPTSDが原因で安楽死したと言う記事がありました

オランダでは12歳から安楽死が認められるようですが、徹底的に個人の尊厳が重視されているなって思いました

未成年者の安楽死はどうなのかって議論はあるんだと思いますが私も前は未成年者には安楽死を認めるべできはないかと思っておりましたが、そう言う考えだとダメなんだなって思ってきました



そもそも死ぬことに条件を付ける事がダメでなんですよね

自分が死にたいって思っている訳ですから年齢や条件なんて付ける必要がないんではって思ってきました

きっと色々な国で安楽死を検討する過程で条件を考えると議論が前に進まないだと思います

未成年だって自殺する人も沢山いるんで安楽死が出来なければ自殺するだけですからね



私は色々と条件を付けずに本人の意思があれば安楽死出来る事が本当は一番大事なんでしょうね

安楽死の条件は検討すればするほど話が纏まりませんので

この少女は本当に可哀想ですが他の国であれば安楽死出来なかったので未だオランダで良かったのかもしれません

posted by ヒデミツ at 21:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

安楽死と真逆な死に方



今日は終戦記念日でした

毎年終戦記念日近くになりますと昔の神風特攻隊の映像や行かれた方の証言の映像などが出ますと涙が止まりません



安楽死と全く逆の死に方で個人の尊厳どころの死に方ではないですからね

個人の尊厳が一番無視された死に方ですからね。今の日本があるのは戦争があってのものです

戦争を機に高度経済成長と平和が訪れました。戦死された方には感謝の思いで一杯です



戦死された方は安楽死どころの話ではなかったでしょうからね

安楽死などを言っていられる今は幸せなのかもしれません

posted by ヒデミツ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

あの世での支持率は高いだろう



今日はお盆と言う事もありまして我が家にも菩提寺からお坊さんに来ていただいて色々と話しました

あの世ってあるのかって話にもなりました



もしあの世があったらきっと安楽死制度を考える会の支持者って多いんだろうなって思いました

皆元気なうちは安楽死なんて考えもしないでしょうが、いざ具合が悪くなったりして最期を迎える時には安楽死制度があったら良いなって思われる方もきっと多いと思います



きっとあの世で国会があれば議席獲得は間違いないと思います

本当はあの世で気付くよりもその前に気付きたいですけどね


posted by ヒデミツ at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

N国党への投票は真剣な1票だと思う



タレントのマツコ・デラックスが7月29日放送のTOKYO MXテレビに出演して参院選で1議席を獲得し政党要件を満たした立花孝志氏が代表を務める「NHKから国民を守る党」について批判しましたが、政党の批判をするのは勝手ですが、有権者をバカにした発言は許せませんね

票数が伸びた要因についても「さあ…。冷やかしじゃないの。受信料払うことに対して、真剣に疑問持つ人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなと思う」ってあり得ない発言ですよ

ふざけて入れる人なんていませんよ



NHKへ批判を持っている人か、他の与野党に不満を持っている人の真剣な一票ですよ

他の党に入れるよりも全然意味がありますよ

私も「支持政党なし」で選挙をやった際には間違えて入れただのふざけて入れただの言われましたが、支持政党なし以上にN国さんに入れた人は真剣な1票だったと思いますよ

今回の参議院選挙では我が党は議席は取れませんでしたがN国の立花さんが議席を取れた事は今まであった政党の1議席とは重みが違いますからね

他の政党が1議席増えても減っても目くそ鼻くその様なもので何にも変わりませんからね

変わるとしたら今までにない政党が議席を取る事が意味がありますからね



そう言う意味では私も我が党も議席が欲しかったですが、私も昔から仲良くさせて頂いているN国の立花さんが議席を取ってくれて諸派にも注目が出てきて大変喜ばしい事です

きっとN国さんへの1票は他の党への1票と違って投票して良かったと思える一票になったと思いますよ

なのでマツコデラックスの発言は立花さんが怒るのも当然だと思います

posted by ヒデミツ at 21:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

私が安楽死を言い出した理由



安楽死制度を私が言い出したきっかけは、私が小学生の頃に発症したI型糖尿病です

大人の糖尿病とは全く違い、現在も原因不明で幼少時に発症する病気で一生涯注射を毎日打ち続けないといけない病気なんです

小学校5年生の時ですから不摂生なんてしていたわけではありません

毎日注射を打つのも大変いやでした



血糖値を図るために自分で自分の指に針で穴を空けて血を出して図っておりました

失明原因も日本では2番目になっております

私も10年前には白内障の手術をしましたし、現在も緑内障の治療を続けております

親からもいつもしっかりコントロールしないと失明してしまうよ、と言われておりました

また医療が発展するから治るまで頑張れと言われておりました

毎日注射も何度も打ち続けておりましたし、自分の自分の指に針で穴をあけて血糖値もはかっておりました



失明したらどうしようかと思った時に、安楽死と言う選択肢があれば医療の進化を待てるのではって思いました

死にたい訳ではなくて医療の進化を待つ為の心の支えの為に安楽死と言う制度があったら良いなって思っておりました

単に心配性から始まったのかもしれません

私よりも重い病気の方は沢山おられると思いますが病気の方の心の支えは頑張れの言葉よりも安楽死と言う制度の有無だと思います

私が安楽死を言い出ししたのは自分が失明しても頑張れるかな、と思ったのが一番です

posted by ヒデミツ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

野党と協力しない方が良い

20190811_162034.jpg
れいわ新選組の山本太郎代表は次期衆議院選挙で野党と協力するとの報道がありましたが、やめた方が良いと思いますね

私は別にれいわ新選組がどうなっても良いですが、野党と協力するって事は今迄の野党と同じですからね



それをやり始めると毎度の同じ政治不信になっていくんですよね

要するに政策の違う所が一緒になる事が政治不信の根幹になってしまうんです

次期衆議院選挙で100人を擁立するとの事ですが、全員新人位で丁度良いと思います

どこかの万年野党議員とかと協力する事はダメだと思います



与党でも野党でもない、新し勢力をつくるのであれば今まで議員でない人を敢えて選ぶ方が良いと思います

段々普通の野党に近づいていくんだなって思いました

posted by ヒデミツ at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする