2018年08月12日

健康に悪い事=楽しい

560839.jpg

テレビでよく健康についての番組がありこれを食べると健康に良いとか悪いとか、こういう事をすると健康に良いとか悪いとかの話題の番組がありますが健康に良い事をすると人生がつまらないですよね

健康に悪いものがおいしいですし健康に悪い事が楽しいですよね。

健康に気を使って長生きする事が楽しみなのか健康を気を使わないで食いたいもの食べて飲みたいもの飲んで生きるかどちらが良いでしょうかね???

暴飲暴食をすると体のスタイルは悪くなりますので異性にもてなくなるという事はありますがスタイルが悪くならないのであれば暴飲暴食して楽しく生きる方が楽しいですよね。



健康番組を観ていると酒は少々といつも言われますが酒の好きな人は少々ではダメですからね。

とにかく健康番組の言う事をよく聞いていますと人生がつまらない感じですからね。

人生は抑制して長生きするだけが良い訳ではないですからね。

細く長く生きるか太く短く生きるかって言われたら私は太く短くの方が良いですからね。

体に悪い食べ物がおいしいですからね。



私も一時期色々と食べ物も抑制していましたがつまらないので辞めました

これで太らなければ良いのですが太るから困りますが抑制する人生よりもマシかと思って最近はやりたいようにやっております

今後人生100年時代って言われておりますが、ただ長く生きれば良いというものではないですからね。

やはりやりたいようにやって楽しく生きるのが良いと思います。
posted by ヒデミツ at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

絶対に他人は心配しない

e38fdf8c5172aad3b2504b1f45ff27bc_s.jpg
昨日は知り合いの会社を経営している社長さんが銀行取引で預金を担保に金を借りるのが嫌だって言う話を聞きましたが、私は預金を担保に金を借りるのは良いと思いますけどね。

この話をするとそもそも預金があれば金を借りないって言う人もいますが預金があったら預金を担保に金を借りた方が得だと思います。

100万円あれば200万円運用できるのと同じ事ですからね。

勿論、利息は掛かりますのでその利息以上の運用が出来ないといけませんので金を稼ぐための軍資金としての借り入れでないとこの話は成り立ちませんけどね。

仮に100万円の現金を使って商売をした場合はそのおカネを使えばその日からおカネが減っていくだけですが100万円を担保に100万円を借りれば200万円あるのと同じ事なんで絶対にお得ですからね。



しかしおカネがあると使い過ぎてしまう事はあります

私も金融機関から取敢えずおカネを借りておいて手持ち資金を厚くしたらどうかと言われる事はありますが必要でないおカネは借りません

お財布の中も多く入っていると、つい使い過ぎてしまう事があります

お財布の中はギリギリくらいで丁度良いですかね。

お財布の中はギリギリにしておいて鞄の中とかにいざという時の為に封筒とかにおカネを入れて忍ばせておくのが良いと思います。



まあおカネはあるに越した事は無いですがやはり使い方や運用方法を工夫する必要がありますね

基本的に他人は絶対に人のお財布の心配や面倒は見てくれませんから自分で考えるしかないですけどね。

まあ取敢えず手持ち資金があって商売をしようとする場合は、その手持ち資金を担保におカネを借りて始めるのも一つの手です。

繰り返しますが倍の資金が運用出来ますので

posted by ヒデミツ at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

必ず売上げは上がるが・・・

48f22a0c7c1bdd77646829ff1af3b2e6_s.jpg

政府は現在サマータイムの導入を検討している様ですが、サマータイムって勤務時間が絶対に伸びると思いますね

日本では2時間時間を早めるようですが今は電波時計が普及していますのでその調整も大変ですね。

朝も今までよりも2時間早く起きなければなりませんからね。

東京オリンピック対策なのかもしれませんが、それならば競技時間だけ2時間早めればそれで充分だと思いますけどね。

私もコインパーキングとかを経営しておりますが当日最大●●●●円とか書かれている表示も合わなくなりますからね。



当日は夜中の24時で設定していますので、2時間早くする設定に直すのが大変ですよ。

アナログな時代ならばともかく今や全てコンピューターで稼働している訳ですから時間を無理やり早めたり遅らせたりって大変ですからね。

またサマータイムだと経営者は問題ないですが働く人は大変だと思いますよね。

特に営業マンは時間を見て行動していますが明るいうちに会社に帰りづらいですからね。



時間で行動というか商習慣で夕方暗くなって来たら帰社するって事ですからね。

営業だけに係わらず全ての職種で絶対に勤務時間が伸びると思いますね。

まだ明るいんだからお客さんを取り込もうとするのは当たり前ですからね。

日が登ってから仕事をして日が暮れたら仕事が終わると言うのが一般的な仕事ですから。日が暮れないのに仕事を辞めるとか店を閉めるなんてしませんからね

私は経営者なので会社は絶対に売り上げが向上するから賛成ですが働く人は大変だと思います。

無理やりオリンピックの年だけサマータイムを実施しなくてもオリンピックの開催時間だか早めれば十分だと思います。

まあ考えている森元総理を始めとする高齢者は早起きだからそういう発想になるんでしょうね。

私は嬉しいですが・・・・・

posted by ヒデミツ at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

予約の取れない人気店の予約方法

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s.jpg
昨日も台風という事でニュースも台風のニュースばかりですし人との会話も台風の話題ばかりで皆早く帰ろうとしますがどうしてそんなに帰巣本能が働くんでしょうかね??/span>

普段は終電過ぎまで呑んでタクシーで帰る人も台風の時は早く帰るんですよね。

台風の時は皆が早く帰るので飲食店などの人気店に行くには一番良い日なんですよね。

例え直撃しても自分の頭上にいるのはほんの僅か1時間程度で通過するわけですから少し呑んでいれば弱くなるんですよね。



よく関東地方を直撃とかでも関東地方って広いですから自分に直接影響するのはほんの1時間から2時間位ですからね。

昨日も夜は街が空いていましたからね。

本当に私の知り合いもいつも必ず終電過ぎまで呑んでいるのに台風だ台風だって言って仕事まで早く切り上げて帰る人がいます

普段は平日でも夜中まで飲んでいるくせにって思ってしまいますからね。

私は台風の時は普段は混んでいていけない店に行く事にしております。



普段予約が取れない店が当日電話で直ぐに予約が取れるんですよね。

本当に台風の時は人気店がねらい目ですよ。

キャバクラとかだって女の子は送りがあるから通常通り出勤していますがお客が少ないから同じ料金で沢山の女の子が着いてくれますからお得です。

31a9c84444c4ef01d69d40c70780edd0_s.jpg

台風なんて少し待てば絶対に通り過ぎるんですからね。

昨日も夜の街は人がいなくて普段は中々捕まらない空車のタクシー沢山街にいましたのでね。

私は台風が来るのが楽しみですからね。

台風が来るとなると取引先や知人を誘って人気店に行く様にしております

昨日も本当に良い夜でした
posted by ヒデミツ at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

値上げするべき

kagu.jpg
大塚家具が業績不振で大変そうですが、大塚家具の親子対立をみていて私は当初からお父さん側の意見に賛成でした。

大塚家具は安売りではなくて高級路線を歩んだ方が良いと思います。

そもそも大塚家具は高級家具店で会員制で付き添って説明してくれて安い家具屋さんなどとは路線が違います

今はニトリなど安い家具屋さんもありますが全く違う高級路線を歩んでいたんですよね。

私も大塚家具もニトリも行って買い物をしたことはありますがどちらにも良い点があります。



買うものによってどちらに行くかを決めます。

やはり大塚家具に行くときって言うのはちょっと緊張するんですよね。

しかし行って家具などを選んでいると丁寧に説明してくれたり案内をしてくれるので気持ちよく買えます

そしてちょっと冷やかしで見に行くのではなくて良いものがあったら購入しようと決めてから行きますので。



ですから量販店よりも来店客の買う確率は高いと思いますので一人一人接客する路線の方が冷やかしで見に来る量販店よりも効率の良い経営が出来ます。

ニトリと大塚家具では行くお客さんの目的が違うと思います。

また客層も違いますからね。

大塚家具は本当は値上げした方が良いくらいだと思いますね。

無理に安売り合戦に巻き込まれるとロクな事はありません

私もコインパーキング事業を行っておりますが価格競争になると絶対にダメなんで、近くに新しいコインパーキングが出来て値段競争になった際に値下げはしませんし逆に値上げすることの方が多いです。

そうすると今度は同業も値上げしてくるんですよね。

要するに新しく出来てくる業者は価格勝負しようとしますがそれは私のコインパーキングよりも安くするって言うだけですから、例えば私のコインパーキングが一日1500年だとした場合、新しい業者は1400円とかにするだけなんです。

ですから私のコインパーキングが2000円に上げれば同業者は1800円に値上げするわけです。

下手に価格競争をすると絶対にロクな事はないですからね。

大塚家具は お父さんの時代は会員制高級店で娘の時代には量販店をめざしているようですがそれが間違いですね。

やるならば大塚家具とは全く別の名前で量販店をやるべきですからね。

私も最近は大塚家具には行かなくなりました。

そもそも客層もお客さんの購入目的も違うのですから量販店と勝負しようとしているのが間違いだと思います。

こうなったらお父さんと仲直りしてもう一度大塚家具を会員制の高級店に戻すのが一番だと思います。

このままでは潰れかねませんからね。

価格競争は高級店には向きません


posted by ヒデミツ at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

世論形成の第一人者

nyu-su.jpg
昨年から相撲にレスリング、アメフト、最近はボクシングとスポーツ界の色々な事が報道されておりますがスポーツ界は最初から不祥事がセットになっている業界だと思いますけどね。

そもそもパワハラなくしてスポーツは強くならないし興行っていう観点からも様々な利害関係者も付き物ですし今まで騒動にならなかった事が不思議なくらいですからね。

スポーツは先輩やコーチや監督から殴られるのはよくある事ですし なければ絶対に強くならないですからね。

今後も、報道が色々と騒げば騒ぐほど日本のスポーツは強くはならないでしょうね。

北朝鮮や中国やロシアなどがスポーツに強いのは厳しい指導があるからだと思いますね。



昔からテレビのスポーツアニメなんかも散々厳しいシゴキが付き物の様に放送されていましたからね。

最近は学校現場でも先生が生徒を殴る事はなくなっていると思いますがそれで指導が出来るんでしょうかね。

やはりある程度そういう しごきや体罰があったから統制が取れていたと思いますね。

子育てだってパワハラって当たり前
ですからね。

パワハラがどうのこうのって言っている人に限って自分の子供には厳しい人はよく見掛けます。



そもそも指導って言うのは厳しくしないとダメなんですよね。

今回のボクシング協会の事なんて一般の人には迷惑が掛かっていないのに報道は、あのサングラス姿の会長の写真を出して面白可笑しく報道しているだけですからね。

業界内の事なんだから業界で片付ければ良いんですよね。

政治からスポーツまで何でもマスコミの力が世論形成を成しております事が私は怖いと思っております。
posted by ヒデミツ at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

真剣勝負の時

eigyou.jpg
私の会社でも毎日の様に見積書と言うのをお客さん宛に作っておりますが見積を作る時と言うのは勝負なんですよね。

大抵の見積もりと言うのは自分の希望よりも高いものですが、それを欲しいかどうかで天秤に掛けて決めます。

お客さんの足元見るのが商売ですから欲しいそうなものやサービスに値段をつけて これ位ならば大丈夫だろうって考える訳ですね。



そもそも見積もりも想定の10倍とかであれば検討の余地もないですが2倍くらいであれば検討の余地があります。

その2倍価格の差を商品価値やサービス内容で埋める訳ですよね。

見積もりは真剣勝負ですが突然今までと違う根拠の数字を吹っ掛ける訳にもいきませんので今までの商流からある程度の金額や条件を付ける事になります。

この見積もりって言うのは面白いことに会社の従業員は安く出したがりますが経営者は高く出すんですよね。



安く出す方が受注しやすいですからね。

どうやって その見積りでお客さんを説得するかの交渉が営業なんで見積もりが安ければガキの使いでも用が足りますからね。

値段で勝負する業界もありますが持久戦になりますので疲れますからね。

また値段勝負でない一流ブランドになるのはもっと大変ですよね。

商売をやっていて商品やサービスに値段を付ける時は本当に真剣勝負だなって思いますね。

世の中の状況や需給バランスを考えて値段を付けるのが経営者の仕事って言っても過言ではないですからね。

今日もこれから見積もり作成と取引先の月間利用金額の審査をしたいと思います。

posted by ヒデミツ at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする