2020年01月21日

「それが一番出来ないだろう」演説

20200121_074023.jpg

昨日から通常国会が召集され、安倍総理は施政方針演説で現役世代から高齢者まですべての世代が安心できる「全世代型社会保障制度」の実現を訴えましたが、それが一番出来ない事なんですよね

社会保障制度は何処かが必ず犠牲になるんです

子育て世帯など現役世代まで支援を広げて、「全世代」を支援する社会保障にするっていう事自体が無理があると思います

まあ言い換えると世代に関係なく能力に応じて負担を増やすという事なんで、収入のある人は犠牲になります

そうしないとダメなのかもしれませんが世の中は頑張った人に負担がのしかかる世の中になります



頑張って稼いだ人は知恵と努力で収入を増やしたのに頑張らない人を支えなければならない事になります

私は支えるべき人は健康上の理由で働けない人とかだけにするのが公平性があると思います

今後一人暮らしの高齢者も増えるので単身モデルの社会保障につくり直した上で、将来必要となる負担を「全世代」でどう分かち合っていくのかを考えるとの事ですが、そんなことをしたら余計に一人暮らしの人が増えて行きます

昔は生活が貧しかったかもしれませんが子供は沢山作ったものです

やはりそして家族で親を支えて行ったのです

本当は子供を増やすような社会にする為にも段階的に一人暮らしの人への社会保障制度を見直して減額していく政策を打ち出すことによって若いうちは苦労して貧しくても子供を作っておこうかと思う訳ですよね

そして子供も親が貧しく苦労してでも自分の親の面倒と子育てをする姿を見て自分も将来そうすると言う家族で家族を支えあう姿を親が見せて行くことが将来の日本のあるべき姿になっていくと思っております



今のままでは子供も増えませんし、努力して稼いだ人が損をします

これは結局悪循環の始まりなんですね

全世代型社会保障制度と言う言い方は嫌いです

今後は頑張った人が救われる社会保障制度と言う名前にした方が良いと思います

今国会は大した政策も本当はなくて、高齢者で収入の多い人の医療費の値上げとかも棚上げして波風が立たないようにする国会で、全世代型社会保障制度と言う庵も全国会議員安心保障制度と言った方が良いと思います

posted by ヒデミツ at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

競争原理は顧客の利益に繋がる

ginnkouman.jpg

今日のニュースで今年から銀行が手数料の引き上げや新規の手数料の徴収を図るようになるとの事ですが、これは当然の事だと思いますが、今後は銀行を選ぶ選択肢が増えますね

これは銀行に取っても顧客に取っても良いことであると思います

要するに今までは何処の銀行も比べる者は金利位で、手数料は大体が同じでしたからね



本当は銀行にお金を預けたら保管料を取られてもおかしくないはずですが今までは大体が無料でしたからね

本来は預金量の多い所こそ沢山のお金を預けているので手数料を上げても良い位ですけどね

今や預金の利息なんてゼロに等しいですから今後は手数料の安い銀行を選ぶ時代になりますね

また競争ですから銀行によっては一度取り出した手数料も無料に戻すところもあるのではないでしょうかね

私は今までの様に何処の銀行も全て同じと言うような選択肢のない方が嫌でしたね



別に手数料を取られるのが嬉しい訳ではありませんが顧客の目線を気にする経営になるって事なんで、きっと銀行さんの顧客への対応は上がるはずですからね

競争原理の働く世界になってきますので結果としては顧客の利益に繋がると思います

昔は金融機関は、銀行も証券会社も保険会社も全て一律の料金設定でしたからね

今後は自由競争になってくれれば顧客には良いことになると思います

posted by ヒデミツ at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

倍働いてこい

20200118_172012.jpg

小泉進次郎環境相が育休を取るとの事ですが、私は反対です

育休は別に皆が取らなければいけないような制度ではなくて、育休を取りたい人が取れるようになれば良いだけなんですよね

別に小泉環境相が無理やり育休を取る必要がないんですよね



他の職場の場合は育休は取れますがその分給与は減らされますからね

小泉大臣は歳費は変わらない訳です月額100万円の文書通信費だって満額もらえますから、敢えて育休を取らない選択肢を見せないとダメですよ

一般人と違うんですからね

小泉環境相も大臣になって以来、意味不明はコメントや発言を繰り返し中身のない事は明らかになってきましたね

大臣になって以降しっかりと話せた事はきっと、この育休を取るって言う事くらいではないでしょかね

今までも何かやりそうでやらないのが小泉進次郎でしたからね

そして色々なお金の疑惑も出ているなかで疑惑隠しにも思えてきますよ



大臣が育休とったからどうのこうのって話ではないですからね

本当ならば育休どころか妻が働けない分自分が今までの倍働いても良いくらいですからね

男は基本は社会に出て働いてお金を稼ぐものですから奥さんが育児が大変な分を手伝うのではなくて倍働いて稼いで来いって言いたいですよ

本当に中身のない政治家はダメですね

posted by ヒデミツ at 07:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

一括管理される方向性が嫌な感じがする

mainannba.jpg

高市総務相は昨日、マイナンバーと金融機関の預貯金口座を連結する制度の義務化について、財務省と金融庁に検討を要請したとの事です

現行制度では、本人の同意を条件に、預貯金口座とマイナンバーを連結できる事になっておりますが、現在は顧客にマイナンバーの提供を依頼していない金融機関もあり、普及は進んでいないのが現状です

しかし何でそこまで国が管理したがるんでしょうか



要するに国民の資産を管理したがるんですよね

マイナンバー制度が出来た頃から徐々に進んできておりましたが、こうやって国が個人を管理する様になっております

マイナンバー制度を国が作るようになった頃からこれが目的だったんでしょうが、結局のところ国が国民に全て背番号を付けて管理するんですよね

別に隠したい訳でもないですが、管理されるって事が嫌な感じがします



そもそも他人にも管理されたくない事を国家にも管理されたくないです

今後はお金以外にも色々な事をこのマイナンバーで一括管理されていく方向性なんでしょうが、そういう方向性が嫌な感じがしてしまいます

posted by ヒデミツ at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

皆が履けるんで良いでしょ

20200117_092026.jpg

マラソン世界記録を誕生させるなど陸上長距離界で話題のナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」について、国際陸連によって禁止となる可能性が高いとの事ですが私は禁止にしなくて良いと思います

だって厚底シューズが履きたい人は履けば良いわけですからね

陸上競技って言うのは世界記録が出ると観ていて楽しものですから記録が出やすいシューズを履けば良いんですよ

ある特定の選手しか履けない訳ではなくて履きたい人は買える訳ですからね



そんなに高いモノでもないですからね

逆に今まで良くて今後ダメになったら世界記録更新が遠退いて楽しみが減りますからね

皆履けば平均タイムが上がるだけで誰かだけが有利になる訳ではないですからね

最近はマラソンも駅伝も記録更新されて楽しくなって来たのにって思ってしまいます



ナイキもせっかく開発したシューズを使って貰えなくなったら悲しいでしょうね

世界陸連の規則では「競技に使用されるシューズはすべてのランナーが合理的に利用可能でなければならず、不公平なサポートや利点を提供するものであってはいけない」とありますが、全てのランナーが合理的に利用可能なので良いですよね


陸上競技を楽しむ為にはやはり記録更新が一番なので是非厚底シューズは禁止にしないでほしいと思います

posted by ヒデミツ at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

捜査に協力するか?

20200116_103950.jpg

広島地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、自民党の河井克行前法相と妻の河井案里参議院議員が、昨日の夜、それぞれ会見しました

その中のコメントで捜査に全面的に協力するって言っておりましたが、なんか他人事の様に聞こえました

今までも自分の事なのに捜査に協力するって言っていた人物は私は信用できません

まだ徹底的に対決するって言った方が正直ですしやっていないならば、全力で自分はやっていないって言い張るべきですよね



それを「捜査に全面的に協力」なんて絶対あり得ない言葉だと思いますよ

捜査に全面的に容疑が掛けられた者は協力しないものだと思いますよ

この河合夫婦は事実関係を調べた上でしっかり説明するって言ったきり姿を消してしまっている輩ですからね



全てが信用できませんよ

まだIR疑惑で逮捕された秋元司衆議院議員の方がマシな気がします

そして昨日の会見でもそうでしたが自分の事なのに他人事のように言う態度も全く人として信用できません

疑惑が本当ならば辞職すれば良くて、本当でないならば徹底的に反論するべきだと思います

「捜査に全面的に協力する」って言う容疑者がいる訳ないだろ、って思うし嘘つきの始まりですよ

絶対にこの雲隠れしていた機関に証拠隠滅も図っている様な気もします

最近の国会の色々な論戦を見ていると国会って悪い大人の集まりの様に見えてきます

posted by ヒデミツ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

真面目な人が置き去りに

20200115_071532.jpg

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告と共に逮捕されて起訴された元代表取締役のグレッグ・ケリー被告は日本に置き去りになり、単身で刑事裁判に直面することになってしまいました

何か可哀想な気がします

一番の証人になるべくゴーン氏が居なくなったのでどうにもならないでしょうね

ゴーン氏もケリー氏もお互いがお互いの証人になって無罪を主張するつもりだったんでしょうけどゴーン氏が居なくなってしまった以上もう誰も証人になってくれる人はいませんからね



検察側もゴーン氏が居なくなった以上、ゴーン氏の分までケリー氏に厳しい判決を出される事を祈るでしょうからね

ケリー氏は検察側との司法取引を拒んだことをゴーン氏も褒めたたえ、尊敬に値する男だと会見でも訴えておりましたからね

ケリー氏は弁護士さんですし、そもそも真面目な人だと思いますよ



司法取引を断ったケリー氏と司法取引をした西川前社長はどちらが信用出来るかと言えば自身が訴追されるかもしれないが真実を伝えたケリー氏の方ではないでしょうかね

私から見ると今回の日産の件では西川前社長が一番悪く思えます

未だゴーン氏はある程度報道にある様な疑惑があったにせよ、日産の業績を回復させて株価も高めていましたが西川氏には全くその様な力はありませんでした


私は置き去りにされたケリー氏が可哀想でなりません

posted by ヒデミツ at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする