2021年10月07日

衆議院選挙を迷い中!!

895561_s.jpg

都民ファーストの会も「ファーストの会」として衆議院選挙を望むといっておりますが未だ誰が出るのか国会議員が参加するのかどうかが分かりませんし、上田清参議院議員が作ろうとしている新党も間に合うかどうか分かりませんので私もどうしようか迷っております

今回はやるとすれば「支持政党なし」での比例で何処かのブロックと言う事になると思います

ファーストの会や上田新党は本当にやるんでしょうかね



私もそこを見ております

いくつもの小さい政党が比例で争っても東京ブロックは定数が少ないので難しいですからね

ファーストの会も国政政党を目指すのか国政政党として選挙をするのかは大きな違いがあります

国政政党として衆議院選挙をやるならば全国の比例ブロックに候補者を1人からでも擁立出来ますが国政政党でないと一人とかでは無理ですからね



また重複立候補も出来ませんので東京で全小選挙区に候補を擁立しても勝てるとは思えませんので誰が出るのかって事も楽しみです

本来は我々支持政党なしと一緒にやった方が良いと本当に思います

私もファーストの会と上田新党の出方を今は注視して考えたいと思っております

posted by ヒデミツ at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月06日

どうせならば早咲きが良い

20211006_093728.jpg

コンピューターによる気候変動予測の礎を築いたとして今年のノーベル物理学賞を真鍋淑郎さんが受賞したってニュースがありましたが真鍋さんは90歳と言うことで驚きました

90歳ですからかなり遅咲きのイメージがありますね

もう余命も10年かそこらですからね



もう50年位に前に発明したことでの受賞ですからもっと早くに受賞させてあげたかったですよね

そうすればノーベル賞受賞者として華々しい人生が送れたはずですからね

まあ受賞出来なかったよりもマシですが、どうせ受賞するならばもっと早くが良かったですね

人生って早咲きと遅咲きってありますがどうせならば早咲きが良いですね



私も気象で世界的に発明があったなんて知りませんでしたが本当ならばもっと早く受賞出来るくらいに大変な発明だったですね

とにかく人生はどうせならば早咲きが良いですね

posted by ヒデミツ at 09:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

「支持政党なし」の比例の出番か!!

1508497621844.jpg

昨日驚いたのは衆議院選挙が今月末の10月31日に行われるとの事です

きっと野党は全員焦ったと思います

特に上田参議院議員が作ろうとしている新党や都民ファーストの会が作ろうとしている新党も時間がないですからね

自民党の先手必勝逃げ切りって感じになりそうですね



解散が今月14日で19日公示ですから解散から公示まで僅か5日間ですからね

今までそんなに早いのは一度もなかったと思います

我々どうするか考え中ですがやる場合は、支持政党なしで東京ブロック比例か南関東ブロックの比例と言う事になるのではないかと思います

支持政党なしは2014年は北海道ブロックで4.2%で2017年は東京ブロックで2.1%ですから少なくとも東京ブロック比例に廻るとそもそも定数の少ない東京ブロックでは票が割れて小政党には影響が出るのかなとも思えます



都民ファーストか上田新党が「支持政党なし」と一緒になってやった方が比例では議席獲得のチャンスはあると思いますね

支持政党なしの党名は三回国政選挙をやっていて政党要件がなくてもそこそこ得票が取れますから有名どころが一緒になって支持政党なしの党名でやればかなり得票は取れるのではないかと思います

支持政党なしの党名は私が「商標登録」をしておりますが連携するとなれば許可しますからね

もう時間もないので目玉候補などがない小政党は我々と一緒になって「支持政党なし」のインパクトのある名前で戦った方が絶対に良いと思えます

posted by ヒデミツ at 10:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

子育てよりも高齢化社会もどうするかが大事

3104535_s.jpg

立憲民主党は子育て支援を訴えてきておりますが、今は子育て支援よりも老人をどうするかって事の方が大事だと思いますけどね

今や世界一の高齢化社会になっている日本では先ずは高齢者をどうやって面倒見るかを考えるのが先だと思います

もし少子化をなんとかしようとか子育てを支援しようとするならば一番は子育て家庭の所得税を軽減もしくはゼロにしてあげればよいのではないでしょうか

そうすると特に年収の高い人は子供を沢山作ろうと思うはずです



そして年収の高い人は子供手当などを貰わなくても子供を育てられますから国からの援助が必要ないですから現実的だと思います

要するに子供を産んで収入が増えれば産む人も増えると思いますからね

今は子供を産むと働けなくなり収入が減る上に出費も多くなるから産まないんですよね

国がお金をあげるか収める税金を安くするかどちらかの発想以外には子供は増えないと思いますね

みんな贅沢に慣れてきてしまって貧しくなっても子育てを楽しもうなんて人は少なくなってきていると思います



こども庁を作るのかって話もありますが、現実的にはお金をあげるか税金を安くするかだけの議論だと思います

しかし選挙が近づいても何処の政党も高齢者対策の話は一切言いませんね

どうしようもないからなんでしょうね

もうこれだけ高齢者が増えると政府がなんともしようがないからどの政党も高齢者に対策について口を閉ざしています

これだけ高齢化社会になっているのに何処の政党も一番大事な高齢化社会について対策の発言をしないが一番気になっております

posted by ヒデミツ at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

協力金がなくなってからが飲食店の勝負

22015022.jpg

緊急事態宣言が明けて私の地元の蒲田の街も夜の賑わいが戻ってきております

今まで自粛要請を無視して営業していた店は常に満席状況でしたが今はガラガラになっております

今までは開いている店がなくて行くところがないから美味しくなくてもお客さんが入っていたのですが店がみんな開き始めたら全然お客さんが入らなくてなって見ていて面白いくらいですね



やはり行くところがないとどんなに美味しくなくても無愛想な店でも混んだのですが普通の状況に戻ると誰も行かなくなるのは自然の現象ですからね

これからが飲食店にとってみると本当の試練になるんではないでしょうかね

みんなこの1年半で早く飲んで早く帰る習慣がついていますから終電近くまで飲む習慣に戻れないのではないでしょうか

東京は21時閉店が要請されていますが21時くらいに帰るのは本当は丁度良いんですよね

電車でも帰れますし翌日の仕事にも影響出ませんからね

凄く良いサイクルで生活を終えれるのは飲み屋を21時に出て家に帰る生活サイクルなんでしょうね

私も夜中までになってしまうことがたまにありますが絶対に翌日とかにも影響出ますし体にも悪いなって思いますからね

でもこうやって緊急事態宣言が解除になり今後は協力金とかも出なくなると飲食店にとっては大変な時代が来ますが淘汰されて良いのかもしれません

協力金が出なくなるこれからが一番コロナが原因で飲食店がダメージを受ける時期になると思います

2021年10月02日

瞬間風速が毎回吹く衆議院選挙

3889264_s.jpg

昨日都民ファーストの会が次期衆議院選挙に国政政党として参加するとの発表がありました

やはり衆議院選挙は瞬間風速が吹きますね

未だ元埼玉県知事で参議院議員の上田清司も新党を作るとの事でもしかしたら合流するのではないかとも思えますし国民民主党が一緒になるなんてことも有りそうでどうなるんでしょうかね



後解散まで2週間位からの瞬間風速が吹きますね

瞬間風速はなるべく瞬間に吹かなければいけなくて、この位の期間で丁度良いのかもしれません

小池都知事は出馬しないとの事ですが出馬すれば大旋風になると思いますけどね

私としては小池都知事に出て欲しいですね

地方議会はコツコツと準備をしなければいけませんが国政は瞬間風速が大事になりますからね



政権交代の時もそうですし、みんなの党や希望の党などとにかく衆議院選挙の直前には必ず瞬間風速が吹きますね

そう思うと地方議会のコツコツ度合いには頭が下がります

今後まだ選挙までは1か月ありますので色々なところが合流する可能性もあります

衆議院選挙はこの瞬間風速が大事なんですよね

posted by ヒデミツ at 08:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

衆議院選挙はどうするか!!

1508482524957.jpg

自民党の新総裁も決まり、いよいよ衆議院選挙に突入となりまして我々はどうするのかと言う問い合わせも多くなってきております

未だ、未定なのですが「安楽死制度を考える会」でやるのか「支持政党なし」でやるのか、もう一つ新たな秘策の方法でやるのかを迷っております

いずれにしても比例代表ですから何処のブロックでやるのか誰を出すのかも考えないといけません



衆議院の比例代表は1議席を取るのに得票率が最低でも4パーセントは必要なので参議院に比例に比べて大変なんですよね

そうなると安楽死制度を考える会では議席を取るのは難しいかなと思います

支持政党なしでは前回の衆議院選挙では東京ブロックで得票率2.1%で維新の会が3.3%で維新の会も支持政党なしも議席が取れませんでしたが、仮に支持政党なしと維新の会の得票率が足されれば5.4%で1議席は取れていました

今回も支持政党なしが何処かのブロックで出ますと維新の会とか国民民主党とかが影響が出るんではないでしょうかね



またもう一つの選択肢に秘策の方法がありましてこの方法ならば何処のブロックで出ても良いのですが、この秘策の方法は選挙制度に対する挑戦だけで国民に対して何をしたいとか訴えるものがないのでやって良いのか迷っております

今まで誰もやったことがない方法なのですが現行法の中では出来ますし現在の選挙制度の中では何処のブロックでも議席が取れる計算が出来ます

昨日も夜中にどうしようか迷っておりまして何度も起きてしまいました

とにかく解散も近づいておりますのでどうすのか迷っております

posted by ヒデミツ at 09:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする