2019年10月20日

土砂崩れが起きそうな場所が最適

ryokan.jpg

台風19号の影響で神奈川県箱根町では、多数の土砂崩れが発生し、周辺の旅館に温泉を供給できない事態になっているとの事です

今月中の復旧は困難との事で旅館は大変だと思いますね

箱根登山鉄道も陸橋が土砂で押し流されて一部が不通になっているとの事です

このニュースを観て、私も気付いていなかったことに今更気付きました



鉄道は不通でも、車などの代替え手段がありますが温泉に温泉が来ないとどうしようもないですからね

家とかであれば壊れても損害保険で新しい家が建ちますが、旅館の休業の補償はどうにもなりませんからね

台風の影響は家とか車が壊れても問題ないですが、ライフラインが止まるとどうしようもなくなりますね

特に旅館の様なお客さんを呼ぶ業態の商売はどうしようもなくなりますね

損害保険で補償されない休業の伴う売上が上がらない事はどうしようもないですからね

会社などであれば事業所を他に移せば何とかなりますが旅館はどうしようもないですからね



そして土砂崩れが起きそうな所ほど旅館としての立地は最高ですからね

このジレンマどうしようもないですね

土砂崩れが起きそうな旅館としては立地の良い所を選ぶのが旅館経営の基本ですしね

このジレンマに気付かなかったです

posted by ヒデミツ at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

同業者のいない仕事しかしない

nihonhatu.jpg

昨日もでしたが銀行の方が転任とかで私の会社に挨拶に来られると必ず聞かれる事があります

同業者はどの位いるかって事です

私は今まで会社の社訓を「日本初の挑戦」と言い、一貫して日本で誰もやっていない仕事をやってきております

結果として同業者が後発で来ることはありましたが、少なくとも今の仕事は同業者はおりません

それに仮に同業者がいたとしても同業者の動向をみて仕事をするわけではないですからね



私が一番嫌なのは人の真似をした商売をすることです

私が見ているのはお客の顔色とニーズですから、常にお客さんに、どんなサービスをして欲しいかだけを聞いております

大体、月に10件位の新しい要望が寄せられます

これは面白い様に似ている事が多いので、その要望を何とか出来るようにする様に工夫します

勿論工夫しても出来ない事もありますが、お客の要望がその通り答えられなくても、お客さんが何を求めているかさえ判れば他の提案でその要望を叶える事が可能になりますから、いつも営業にもお客が何をしたいのかを聞かせる様にしております

電気の量販店の様に同じものを売っていたとしたら値段競争になるでしょうが、私がやっている仕事は同業者がいないので値段を決めるのも私の頭の中でこれくらいの価格であればお客さんは使うだろうと考えで決めております

とにかく同業者の顔を見て仕事をするとか嫌ですし、人がやっている仕事は一切興味がありません

唯一、人がやっている商売でやっている事はコインパーキングぐらいでしょうか

用地の探し方は恐らく誰もやっていない方法だという事が私の中で自分なりに納得している点です

今後も新しい商売を年に最低2つは始めようと思います

常に同業者のいない仕事を・・・・・



同業者のいない日本初の事業で始めて1円でも売上が上がった瞬間が人生一番嬉しい時です

これは一度味わうとやめれませんからね

それで後から真似してくる企業が出てきた時は二度目の感動になります

自分の仕事が真似されるから嬉しいです

posted by ヒデミツ at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

8月に無理やるバカがあるかって

mousyo.jpg
東京オリンピックのマラソンと競歩の会場が札幌に変更になる事になりました

暑さが影響しているんでしょうが、これじゃ札幌オリンピックの様ですね

まあ最近は札幌も暑いですけどね

そもそも場所と言うよりの時期が悪いんですよね



秋にすれば良いのに無理やり夏にするからいけないんですけどね

アメリカの都合で時期と競技時間が決まっているのが腹立たしいです

日本でやるんですから日本のゴールデンタイムに合わせて欲しいですけどね



そのうちマラソンと競歩だけでなく他の競技も行きかねません

最近の札幌をなめちゃいけません

東京よりも暑い時もありますからね


ボランティアの人達も大変ですね

まあ東京が混まなくて良いですけど、なんだか無理やり8月にやるオリンピックに翻弄されておりますね

posted by ヒデミツ at 07:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

人手不足は連鎖する

53330388fdf6e6ba4810c4cec1e4f702_s.jpg
人手不足の業界が多いと言われている中で私の会社は人手がいつも足りています

会社を作って今年で31年経ちましたが、最初の15年位は常に人手不足でした

人手不足の時に限って人が辞めていくんです

なぜなら忙しいからです

人手不足でないと人が辞めません



今までに採用した人は500人以上おりますが忙しい時はバンバン辞めるんですが忙しくないと誰も辞めません

当たり前と言えば当たり前ですけどね

この14年間は1通も辞表を見たことがありません

これって凄い事だとおもいませんか?

14年間誰も辞めないんですからね

みんなベテランです

飲み会になるといつも出て来る話は「昔はよく人が辞めましたね〜〜〜」って話です

なんでも職安に行くと、職安の人が私の会社の事を「この会社はよく人が辞める」って応募に来た人に言っていた様ですからね

最近忙しくなくなったのは、インターネット活用が成功したって事でしょうかね

昔は経理で請求書を作っている人員が30人以上いましたからね

今は3人もいれば大丈夫ですからね



なので最近は社員も業務内容が昔とは全く変わってきております

仕事は大抵がネットの操作説明とかになっております

時代の波になんとか会社も併せて変化しておりますが、あと何年位私の頭が時代の変化について行けるか心配です。

私の知っている会社の中では私の会社が一番社員の勤続年数が長いと思います

会社設立から31年で今いる社員の平均勤続年数18年以上になると思います

これって凄いと私も自分自身で思っております

人手不足は悪循環するって事が良く分かります

posted by ヒデミツ at 13:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

史上最大の台風が毎年来るだろう

sonae.jpg

テレビでは連日、台風19号の被害の様子が放送されております

自民党の二階幹事長は「まずまずに収まった」と言った事が波紋を呼んでいますが、まずまずの結果だったと思いますよ

そもそも今回の台風も事前に史上最大の台風と言われておりましたから皆逃げる時間はありましたらからね

私の知り合いで川の傍に住んでいる人は、前日までには親戚の家に行ったり友人の会社の寮に泊めてもらったり実家に帰ったりして被災を免れました



損保会社への水害の被災の場合の確認と金額の確認もしっかりとやろうと我々は会社でも話をしました

こんなに準備をしっかり出来る台風は今まで経験しておりません

地震や竜巻は全く予想が付きませんが台風は予想が付きますからね

私も仮に家が流されたとしても段ボールひと箱だけ持って逃げれば良い様にして段ボールを衣装ケースで防水のものに入れておきました

私の家は水害はほぼないですが念のために

卒業アルバムと子供の頃の思い出の物ですね

その他の物は全て損害保険でお金さえもらえれば新しい物が買えるので全部水没してもらっても構いません

しかし電気工事店の手配はしておきました

特に会社は水没して復旧するまでにお金が稼げなくなると困るので最低限の電気の確保や水害の復旧が出来るように業者は手配しておきました

勿論その費用が掛かるので何もなくても会社の他の工事をさせるために人だけは押さえておいて、結果的には何もなかったので、大型テレビの設置やその他アンテナ工事とかLAN工事をやりました



要するに台風に併せて他の工事を頼んでおけば、仮に何かあっても人員の確保は出来ますので復旧に手間取りませんからね

会社以外は流されたとしても全て損害保険のお金で全て新しい家電から洋服なども買って済みますので楽しみにしていたくらいです

今後は昔と違って過去最高の台風が毎年来ると思いますので、その際の準備は今からやっておいた方が良いと思います

思い出の品物を防水のケースに入れてコンパクトにまとめておくことですね

本当は貸金庫にしまっておくのが一番ですがお金が掛かりますのでいつでも持って行けるようにまとめておくことです

せいぜい段ボール2箱以内でしょう

また特に大事なのは損害保険の加入と補償費用を最大限に引きあげる事、会社であれば復旧するために事前にエレベーター工事から電気工事の業者の手配をしておくことですね

電気さえ何とかなれば良いですからね

何もなくて無駄な費用が掛かっても仕方がないと思わないといけません

私も今後は停電になった際の会社の業務を何処でどうやるかを外注に依頼する体制を普段から作っておきたいと思います

これからは毎年史上最大の台風が来ると思って良いと思います

「備えあれば憂いなし」ですからね

posted by ヒデミツ at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

そんなに大事な事しているのか

419c98d538cba91f2d3d557d6aac849e_s.jpg

今月2日に開かれた兵庫県丹波篠山市議会で、ある議員が息子の結婚式で欠席したとのことです

大体が結婚式って休日に行われる事が多いですが、その息子さんは海外に暮らしているとのことで議会を欠席せざるを得なかったようです

それ位議会も認めてあげても良いと思いますけどね



結婚式ってそうそうあるものではないし、市議会でもその議員が休んだ位で大した影響ないですからね

ずる休みした訳でもないし理由も理由ですからね

その市議の息子の結婚式での欠席よりも、問題なのは市議会の海外視察とかではないでしょうか

海外視察で公費を使う事よりも、息子の結婚式で議会を欠席する方がどんだけマシかって事ですよ



私の会社だって海外での子供の結婚式で休む社員はいますがそれは許可しますよ

海外旅行に行くのではないんですから

こんな事よりも海外視察を問題視した方が良いと思います

posted by ヒデミツ at 10:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

無駄遣いこそが金が廻る

3f2eab7a21ec3bb6c3d9b32d990762b3_s.jpg

政治の世界では無駄の削減と言い言葉っていつも票になるキーワードになりますし、既得権との戦いもキーワードとしては票になります

しかし世の中に無駄遣いってないと思いますけどね

自分に廻ってこないと無駄って言う言い方をしているだけできっと廻り廻って自分に恩恵が廻って来ます



特に無駄遣いして欲しいのは役所ですね

役所が無駄を削減したら世の中に金が廻って来ませんからね

世の中の利益って廻り廻って必ず自分にもどってきます

例えば役所が職員たちで飲食費で無駄遣いすると無駄使いされた店は儲かります

帰りにコンビニによってタクシーで帰ればコンビニもタクシーも儲かりますからね

役所の職員が直帰したら飲食店もコンビニもタクシーも儲かりません



儲かる業界があるから雇用も生まれますからね

これが大事な事に予算を廻せば廻すほどそのお金はそこで止まってしまって廻り廻ってこないんですよね

下らない事にお金を使うからこそ廻り廻ってくるんですね

世の中は同じ1万円があれば100円づつ100人に廻るか1000円づつ10人に廻るかですと100人に廻った方が良いですからね

とにかく世の中にお金が回転しないと景気を実感できませんからね

自分に直接廻ってこないからって無駄だと思ってはいけません

posted by ヒデミツ at 10:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする