2022年11月21日

高齢者用の公共住宅を車が必要のない便利な場所に建てて欲しい

2955827_s.jpg

今朝もニュースで高齢者の車の事故が報道されておりました

97才で運転していて車が暴走して1人死亡で5人が負傷した事故の様ですが97才で未だ運転しなければならなかったのかって思いますね

確かに地方都市に行きますと車社会ですから車がないと生活が出来ないので高齢になってきた場合には電車と自転車で生活が出来る要するに車を使わなくても良い場所に移住した方が良いと思います

特に子供とかと同居していない一人暮らしの場合は車を使わなくて良い場所に住むのが一番安全だし楽だと思います



政府も高齢者に免許返上を促していますが車社会の地方都市では免許返上は何処も行くなって事になるだけですからね

車を使わなくて良い場所に公共の高齢者が入居できるマンションなりを建てた方が良いと思います

別に都心でなくても良いですが都心が一番暮らしやすい事は間違いないです



駅に近かっかたり商業施設などが近いのが一番だと思います

若いうちは郊外の広い家で車を何台も置いて暮らすのも良いでしょうが、高齢化になってきた場合は駅の近くの小さなマンションの方が掃除も楽ですし便利で良いと思います

年を取ったら広い家よりも駅に近い狭い家の方が絶対に楽だと私は思っております

posted by ヒデミツ at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。