2021年11月25日

供託金の額よりも候補者数が大変

20190720_200743.jpg

選挙に出るには供託金が必要で日本は高額だと言われておりますが仮に供託金が安くなると候補者が乱立する可能性がありますのでどちらが良いのか私にもわかりません

私もこの12年間で供託金を相当収めてまいりまして、供託金の為に働いている感じがしております

当然供託金を安くして欲しいですが安くしたが為に候補者が乱立するのは嫌ですね



特に全国比例ですと2%の壁があり、全国で2%の得票を取れるかどうかの大変厳しい争いをしますので政党が乱立すると得票が分散されるので困りますからね

日本の供託金の高さは以上ですが、丁度良いのかもしれません

しかし国政政党でないと選挙に出る際は本当大変なんですよね



参議院であれば10人以上候補者を擁立しないと比例代表には出れませんのでこれも困るんですよね

お金だけならば未だ何とかなりますが候補者を10人擁立するって言うのが大変ですからね

供託金の額よりの候補者の数を減らさせて欲しいと思っております

posted by ヒデミツ at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。