2021年11月17日

与野党触れない様にしていた所にメスを入れた

20211117_092055.jpg

国会議員に支払われる文書通信費が問題になっておりますが、これを言い出した日本維新の会の小野泰輔衆院議員だけは全額貰っても良いのかなって言うほど良い仕事をしましたね

実はこの文書通信費は誰もがおかしいなと気付いていても口にしかなかった案件ですからね

実は私どもも公約に公設秘書ゼロだの政党助成金ゼロだのと言っておりますが文書通信費については返納できないし敢えて一切に触れないようにしておりましたからね



税金は掛からないし領収書も要らないなんて本当はあり得ないものですが国会の常識の中ではまかり通っております

企業だって通信費や宿泊費や郵送代だって領収書を添付して経費として申告する訳ですからね

これは全党の全議員が触れないようにしていたのではないでしょうか



暗黙の了解だったはずですからね

今回言い出した小野泰輔議員は国会議員の中からは余計な事を言いやがってって思われているかもしれませんがいい仕事をしたと思います

小野議員だけは満額受け取って返納しなくて良いと思います

posted by ヒデミツ at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。