2021年09月16日

枝野氏の強がり

22117415.jpg

立憲民主党の枝野代表は「菅義偉内閣の新型コロナウイルス対策などの問題を浮き彫りにし、退陣に追い込むことができ、一定の役割は果たせた」って言っておりましたが新型コロナの対応で菅内閣は良くやったと思いますけどね

立憲民主党だったらどうするんでしょうかね

今のこの環境下の中で立憲民主党にコロナ対策で何とかしてほしいと思う国民は少ないと思いますね



自民党になんとかして欲しいと願う人の方が多いと思います

社会情勢が少し悪い位の時は野党に投票しようかなって言うのはありますが社会情勢がこれだけ悪くなると国民はやはり自民党なり公明党の与党に何とかして欲しいと思うんでしょうね

立憲民主党は政権交代を目指すって言っておりますがこの状況下の中では絶対に無理だと思います

今度の衆議院選挙は浮動票は自民党に流れると思います



枝野氏は菅内閣を退陣に追い込むことが出来たって言っておりますが退陣に追い込ませてしまったって言った方が良いと思います

菅内閣さえ存続していれば野党の議席は伸びたはずですからね

きっと強がりで言ったのでしょうが本当は菅内閣を退陣に追い込んでしまったことを後悔した方が良いと思いますね

posted by ヒデミツ at 09:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立憲は与党に返り咲くつもりは毛頭ないんじゃないかと思えますね。
万年野党で文句だけ垂れ流し、自分たちが議席さえとれればずっと美味しい汁を吸い続けられますし。
Posted by mizmiz at 2021年09月16日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。