2020年11月15日

耳が遠いのは不便じゃない

2886292_s.jpg

私の母親は耳が遠いので普段は補聴器をつけているのですが、いつも補聴器を忘れがちなんですよね

私の父親も毎度補聴器を忘れていましたし、叔父もそうなんですよね

補聴器って忘れても本人は不便が無いようなんですよね

メガネを忘れる事はないですが補聴器は忘れるんですね



要するに聞こえない事は見えない事に比べると苦ではないんですね

本人はただ聞こえないだけですが、付き合うこちらは凄く不便なんです

大きい声でしゃべらないといけませんし話が通じないですからね

見えない事は本人にとって凄く不便ですが付き合うこちらからすると不便ではないんですね



今日も家族で食事をしましたが母親は補聴器を忘れてきましたが楽しそうでしたらからね

家族はみんな母親が聞こえない事で凄くいらいらしていましたが本人は全く何食わない顔で過ごしていました

メガネは忘れますが補聴器は忘れがちな事は間違いないです

posted by ヒデミツ at 18:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
補聴器が無いと、車が後ろがら迫ってても聞こえないのが、一番恐いです。

プリウスとか、後ろにいても静かすぎて全く気が付かないことがあるので、たまにビックリします。
Posted by ダビドフ at 2020年11月17日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。