2020年10月19日

「命乞い」する元総理の「本人」タスキ

20201019_092801.jpg

立憲民主党の元首相、菅直人氏は駅頭で「本人」と書かれたタスキをして街頭演説しているようで驚きました

そもそも「本人」タスキって意味あるのかなって思っておりますが、よりによって総理経験者がやる事じゃないですよね

新人候補がやるなら未だしもね

公選法の関係で売名行為にならない様にやっているのでしょうが菅直人さんを知らない人なんていないのはないでしょうかね



情けない感じですね

それにもう総理も経験しているのであるから引退したらどうなのって思いますよ

今更新人候補の様にタスキ掛けて何を訴えたいのって感じですよ

「もう少し議員をやらせてください」って街頭でお願いしているようにしか思えません



これが総理経験者かと思うと凄く落ちぶれているように思えて逆効果だと思いますね

まあこの選挙区は同じ民主党時代の仲間だった長島昭久衆議院議員が自民党に移ってこの選挙区から出るのでどちらもロクでもない候補同士なのも笑えます

正に「命乞い」をする「本人」タスキって感じがしてしまいます

posted by ヒデミツ at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。