2020年10月13日

安楽死制度がないと終わりのない議論

20201013_093105.jpg

9月の全国の自殺者は1805人となり、昨年の同じ月と比べて8・6%の143人増えたとの事です

コロナの死者数はこの半年で1500人程度ですから自殺者の方が圧倒的に多いですね

何が原因か判りませんが私は自殺したい人を敢えて止めても仕方がないと思っています

そもそも自然に自身の中で出て来る以外に敢えて自分の人生で生き甲斐や理想などを追い求めない方が良いと思います

生き甲斐や理想は自然に出て来るもので自身で敢えて作る事は出来ませんからね



生きていると勝手に楽しみって自分の中で生まれてきます

もしそれが生まれて来ないならば死ぬって選択肢もありなのかもしれませんがそれは人それぞれ自身で考える事ですね

9月の自殺者で女性の割合が28%増えたとの事ですが、そもそも女性は真面目な人が多いので自殺者が多いのかもしれません

真面目な方は自分の生きている価値とかは真剣に考えてしまうでしょうね

安楽死を希望する方も女性が圧倒的に多いんですよね

男性は気楽な生き方が出来ますが女性は子供に迷惑を掛けたくないとか自分の世話を人に任せたくないとか凄く真面目なんでしょうね

自分で何も出来なくなって生きていたいって私は思いますが今は安楽死制度がないから無理やり生かされてしまいますね



本当に安楽死制度があればどれだけ気持ちが楽になるかって思いますよ

まあこれからも自殺者は毎月必ず出てきますがこれを止めれるのは安楽死制度だけだと思っております

自殺抑制を寄ってたかって考えないで安楽死制度を考えた方が一番良いと思っております

そうしないと自殺は無くならずにいつまでも終わりの見えない議論をするだけです

posted by ヒデミツ at 09:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに言う通りだと思います。

ただ子供の自殺だけは、なんとかしたほうがいいと思いました。

子供は自分の意志というより周りの環境のせいで自殺してる気がします。

でもなんで子供が自殺するかと言ったら大人が自殺する環境だからだから、結局のところ安楽死制度を作るべきなんでしょうね。
Posted by ダビドフ at 2020年10月13日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。