2020年06月27日

消去法で投票するな

1508242741290.jpg

昨日から私の地元では都議会の補欠選挙がはじまりました

投票日は都知事選と同じで7月5日です

皆、投票に行こうって叫んでいますが投票したい候補がいないならば投票に行かない方が良いと思います



投票したい候補者がいないのに消去法で選挙に行って選ぶ事が一番この世の中をおかしくしていると思っています

消去法の一票も支持しての一票も同じ一票ですから、消去法で選ばれた人は自分が消去法で選ばれたとは思いません

支持する一票だと勘違いしますから

私は、そういう思いで「支持政党なし」と言う政党を作り政策を一切なくして選挙を行ってきました

投票したい政治家がいないならば選挙に行かない事だと思います



投票日が近付くと広報車が廻って「投票に行きましょう」なんてスピーカーで訴えておりますが、いつも私は広報車は「投票したい人がいないならば選挙に行くのを辞めましょう」って言えば良いのになっておもっております

消去法の一票には全く意味はありません

posted by ヒデミツ at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。