2020年05月16日

今後のコロナ復興税の話が一切ない

20200508_121050.jpg

現在新型コロナで個人には10万円の給付金が配られ始めました

会社にも持続化給付金や雇用調整助成金や休業補償なども始まります

この予算規模は国の国家予算を遙かに上回る金額です

個人の給付金は全国民ですが、それ以外は全国民でもないですし貰える店と貰えない店があります



私はこの様な給付金や助成金は貰った人や店だけが今後返済するようにするべきだと思います

今後はコロナ復興税が始まり、東日本大震災の復興税の何倍か何十倍かが課税されて行きます

恩恵を受けた人と恩恵を受けない人がいて恩恵を受けた人の分を恩恵を受けなかった人が課税されて返済するのどうかと思います

全国民に配られる10万円は全国民が平等に今後課税されて良いと思いますが、それ以外は恩恵を受けた人だけが返すべきだと思っております

私は今度のコロナ復興税がどれ位課税されていくかをマスコミも一切報じないのが不思議でなりません

お金は降ってくるわけではないので、どこかで必ず国民が返さなければならなくなりますからね

今迄散々子供の世代にツケを残さないなんて言っていましたが今後はしっかりと子供の世代までツケが残る事になります



もっとマスコミは今後のコロナ復興税が莫大になる事をアピールした方が良いと思います

そして貯金でなんとかなる人は出来るだけ貰わないようにするべきだと思います

今後は莫大なコロナ復興税が課税される事を全国民がしっかりと認識するべきだと思います
posted by ヒデミツ at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。