2020年02月21日

誰がやっても支持率下がる

20200221_113743.jpg

立憲民主党や国民民主党などの統一会派は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、2020年度予算案の組み替え動議を衆院に提出する方針を決めたようですが本当は与党が真っ先にやらないといけないと思いますけどね

しかしこのコロナウイルスはどの政権でも乗り切るのは大変な事だと思います

これは日本だけでなく世界どこでも同じで、今の野党だってどんなに文句を言っても、じゃあどんな案があるんだって言われたら案なんてないと思いますからね

安倍政権も色々と問題に出てきていますが今はコロナウィルスで全ての疑惑などもぶっ飛んでおります



しかしそれ以上に疑惑どころでなくどの政権だろうと誰が総理でもどうしたら良いか暗中模索の課題で支持率は絶対に下がっていきます

アメリカのトランプ大統領でもどうしようもないでしょう

感染者の人権を守るのと感染を広げない様にするのは正反対の事ですからね

色々なイベントも中止されている中で、私の会社も3月の12日と13日に名古屋で行われるFIT展と言う金融機関が集まる展示会がありますが開催されるのかどうか心配です

開催されたとしても全員マスクをしながらの開催なので、そこまでしてお客さんも来るのかって事もありますしやる必要があるのかって事もあります

この時期に解散はないと思いますが今年4月には静岡4区で衆議院の補選があります



今の状況ではきっと自民党には逆風になると思います

本来は自民党が勝つ予定なんでしょうが野党が勝つ可能性も出てきました

コロナウィルスは日々状況が変わるのでどうなるか判りませんが与党には不利ですね

posted by ヒデミツ at 11:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
何はともあれ安楽死制度を実現してほしいです
Posted by 杉本 at 2020年02月22日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。