2020年02月14日

100億円請求する考えが甘い

20200214_144900.jpg

日産自動車は2019年10─12月期の連結決算は、261億円の最終赤字となったそうです。11年ぶりだそうです

結局はゴーン氏がいなくなって赤字になった事になります

日産はゴーン氏にも100億円の請求を出す訴訟を起こすとの事ですが株主が訴訟をおこすならば判りますが会社が訴訟をおこすのはどうなんだろうって思います

仮に多少ゴーン氏が私的にお金を使っていたとしても黒字でしたがゴーン氏がいなくなって赤字になったんではゴーン氏がいた方が良かったって事になるではないですかね



日産の業績が下がって株価も下がったのは西川前社長をはじめとした経営陣がゴーン氏を排除しようとしたことから始まりました

ゴーン氏が良いか悪いかは判りませんが数字だけ見ればゴーン氏がいた方が良かったってと言うのは事実ですからね

私は西川前社長とかの責任を株主は追究した方が良いと思います



自分だけ司法取引をして平然としている場合ではないと思います

ゴーン氏がいたらきっと赤字にはなっていないと思います

日産はゴーン氏に100億円請求するよりも自分の会社を見直すことが大事だと思います

posted by ヒデミツ at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。