2020年02月11日

教えて教えられない思考回路

jitennsya.jpg

街の人を悩ます自転車の「迷惑駐輪」を撃退しようと、大阪府豊中市に新たな対策が登場し、それを発案したのが8才の小学2年生だと言うニュースを観て驚きました

そしてその案が凄く良いアイデアになっているんですよね

迷惑駐輪がある場所の路面に花の絵を描くと言うアイデアです

きれいなものの上に、物を置く人はいないから、絵にしたとの事ですが、確かにそうですよね

本物の花壇でなくなぜ絵にしたとの事で、その理由も花壇だと道が狭くなったりして、お世話も大変だからとの事でその通りですよね

路面に花の絵を描くと言う事も驚きですが、その理由も驚きまして



この思考回路は教えて教えれるものではなくて才能ですね

私もこのアイデアを見た瞬間に天才だなって思いました



効果もかなり出ている様ですから凄いです

駐輪対策をなくそうとバリケードをするわけでなく、人が自転車を置きたくならないような根本的な対策になっているんです

きっとこの小学生の物の思考回路は変わりませんので大人になるのが楽しみですね

posted by ヒデミツ at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。