2020年01月23日

裁量を残した方が両者に良い

1447189.jpg

インターネット通販サイト「楽天市場」は今後一定額以上の買い物をした利用者への送料を、出店者側の負担で無料にする予定との事で出展者の中には不満を抱えている事業者が多くいるようですが当然ですね

Amazonを意識しての様ですがAmazonは物流体制も自社倉庫も完備していて事業形態が違いますからね

送料は出展者に任せた方が良いと思いますよ

出展者の中でも送料で他の業者と差別化を図れる余地も残しておいた方が良いと思います



私も何かネット通販で買おうとする場合は送料はどうなっているかで合計金額を考えて買いますから、送料を決める裁量を出展者に残しておいた方が絶対に良いと思います

送料で例えば東京都内は無料とか島諸島ぶは有料とか色々とありますが一律にしたら東京都内は値上げになってしまいますからね

これは消費者にとっては事実上の値上げになるか、もしくは出展者の利益の圧縮になるかのどちらかって事ですよね

まあそれは仕方がないにしても、出展者にも送料の裁量を与えた欲しいなって思います

もう国民もネット通販には慣れていて送料が幾らなのかをチェックする習慣位ついていますので送料を込みにするとかしないとかは関係ないと思います



楽天、ヤフー、アマゾンで商売をしている人は大変ですね

言いなりになるか辞めるかどちらかですからね

しかし今回の件は、楽天も出展者も送料の裁量を残した方がどちらにも良い結果になると思います

利用者は必ず送料も込みの値段を考えて比べますから無理に送料込みにすることはないと思います

posted by ヒデミツ at 09:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は、送料の事とかわからないので、驚きですね。なるほどねー、そういう仕組みになってるわけですか勉強になります。

たしかに、いわれてみれば、そのとうりですね。
Posted by ダビドフ at 2020年01月23日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。