2020年01月11日

これは殺人にはならないのか

20200110_164714.jpg

トランプ大統領は9日、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官について、米軍の無人機攻撃で先週殺害しました

その理由は米大使館の爆破を画策していたからだとの事ですが、これは殺人にはならない訳ですからおかしなことですよね

きっと神様は殺人と評価される事と思います

例えば日本の大使館を爆破を画策している者を一般人が殺害したらどうなんでしょうか




きっと殺人になりますよね

アメリカ大統領の場合は殺人にならないっておかしいと思います

日本でも誰かが爆破や殺人を計画していたとしてもそれを理由にその者を殺す事は出来ませんよね

戦争も殺人ですからこれは一種の戦争の様なものですね

しかしイランも直ぐ様反撃を仕掛けたので未だ良かったと思いますよ

日本なら仕返しなんて出来ないし「遺憾」の一言で終わってしまうでしょうからね



どうせ何も出来ないのであれば防衛費なんてそんなに計上しなくても良いと思いますよ

まあしかしトランプさんは今まで何人殺したんでしょうか

神様は三途の川を渡るときにどう評価するのかなって思います

posted by ヒデミツ at 09:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無人機で攻撃とか、時代はもうここまできたのかと、戦慄しますね。
無人機だと殺人の実感もないでしょうね。
小型の無人機だったら、実質どこでも爆撃できるじゃないですか。
北朝鮮がこの兵器持ってしまったら恐ろしすぎる。
Posted by ダビドフ at 2020年01月13日 10:12
無人機を活用すれば神風特攻隊もいりませをね。

>ダビドフさん
>
>無人機で攻撃とか、時代はもうここまできたのかと、戦慄しますね。
>無人機だと殺人の実感もないでしょうね。
>小型の無人機だったら、実質どこでも爆撃できるじゃないですか。
>北朝鮮がこの兵器持ってしまったら恐ろしすぎる。
Posted by ヒデミツ at 2020年01月13日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。