2019年12月03日

招待者名簿が出て困る人はいない

d7e5fe30d8a9def0a5ba6a2b5e57ad22_s.jpg

首相主催の「桜を見る会」をめぐり野党側は、マルチ商法で行政指導を受けた「ジャパンライフ」の当時の会長が招待されていた問題などについて安倍首相を追及しましたが、安倍首相は「一般論として『桜を見る会』が企業や個人の不当な活動に利用されることは決して容認できない」と回答しております

しかし別にジャパンライフもそうですが当初から不当な活動に利用する為に桜を見る会に行ったわけではなくて、結果として招待されていた事実を公表する事が世間の信用に繋がった訳ですよね

また沢山呼ばれている人を個人個人を具体的にどこまで調べるかって事になりますし徹底的に呼ぶ人を調べても後になって悪い人だったって事もありますから判りません



安倍首相「個々の招待者やその推薦元については個人に関する情報であるため、招待されたかどうかも含めて従来から回答を控えさせていただいているところであります」って言っておりますが税金で招待された人なんですから個人の情報かもしれませんが公表するべきだと思いますよ

ネット上で今年の招待者一覧って出しても嫌がる人はいないと思います

逆に喜ぶ人の方が多いと思います

招待者名簿やその推薦元が明らかになって困るのは招待者でなくて推薦者だと思いますよ



この話で野党は不信任決議案の提出も検討する構えを見せているとの事ですが、それは辞めた方が良いです

否決されるだけですから、否決されれば今回の桜を見る会の件は信任された事になってしまいますからね

とにかく今回の桜を見る会の件で安倍政権の国民からの支持は確実に落ちていますので野党が不信任決議案を出さなくとも国民から不信任を突きつけられると思いますので

posted by ヒデミツ at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。