2019年11月15日

桜を見る会に一般人からの応募も

20191115_083620.jpg

菅官房長官は昨日の記者会見で、来年の開催中止を決めた「桜を見る会」について、「現時点において廃止することは考えていない」と言っておりましたが是非今度を私も行ってみたいって思いました

どうせやるならば勝手に内閣や国会議員達が推薦した人物ばかりではなくて一般から応募できるようにしたら良いのではないでしょうか



今までの学術や仕事の成果などを基に応募させて審査を民間に委託してやらせて一般人の中から優秀な人を呼んだら良いんですよ

それを安倍総理もそうですが内閣や国会議員枠で選ぶから今の様になってしまいますからね

少なくとも参加者の半数は一般から選んだ方が良いと思いますね



他にも園遊会とかがあるので桜を見る会位は一般応募制にしてもらいたいですよ

来年は中止でその後は半減するとか言われておりますが半減しなくて良いから半数は一般から応募出来る様にしてほしいです

大体が公費で一部の人達ばかりが毎年呼ばれいるのがダメですよ

一般人を呼ぶ方向性にすれば桜を見る会は国民の楽しみにもなりますし良いものになると思います

posted by ヒデミツ at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。