2019年10月31日

無名のままなら

菅原一秀さんに続いて河井克行法相が辞任致しました

妻の参議院議員のウグイス嬢への報酬が問題になっていますがこのウグイス嬢への報酬を規定より多く出し過ぎていたなんて古典的は話なんで、私からするとまだそんな事していたのって事を思いますね

どちらも事務所はブラック体質の様です

ブラック体質の議員は法令を守るって事を余り気にしないのでしょうか



しかし今は大臣などになると叩かれて直ぐにダメになってしまいますね
000;">
特に入閣待機組は、それなりに理由があって待機していたんで大臣になれば直ぐに誇りが出て来そうですからね


入閣待機組は待機したままの方が政治家人生は長く続けれるかもしれませんね



そしてマスコミの取材の能力も凄いですね

きっとまだまだ週刊文春さんや新潮さんなんかはネタを持っているんではないでしょうかね

じっと大人しく待機していれば表面化しないで済んだことが待機から一転して表に出てくるとやられます

そもそも無名だったのに大臣になって杭が打たれてしまいましたね

出る杭は打たれるってコトワザがありますが、今回はそれ以下な気がします

posted by ヒデミツ at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。