2019年10月16日

史上最大の台風が毎年来るだろう

sonae.jpg

テレビでは連日、台風19号の被害の様子が放送されております

自民党の二階幹事長は「まずまずに収まった」と言った事が波紋を呼んでいますが、まずまずの結果だったと思いますよ

そもそも今回の台風も事前に史上最大の台風と言われておりましたから皆逃げる時間はありましたらからね

私の知り合いで川の傍に住んでいる人は、前日までには親戚の家に行ったり友人の会社の寮に泊めてもらったり実家に帰ったりして被災を免れました



損保会社への水害の被災の場合の確認と金額の確認もしっかりとやろうと我々は会社でも話をしました

こんなに準備をしっかり出来る台風は今まで経験しておりません

地震や竜巻は全く予想が付きませんが台風は予想が付きますからね

私も仮に家が流されたとしても段ボールひと箱だけ持って逃げれば良い様にして段ボールを衣装ケースで防水のものに入れておきました

私の家は水害はほぼないですが念のために

卒業アルバムと子供の頃の思い出の物ですね

その他の物は全て損害保険でお金さえもらえれば新しい物が買えるので全部水没してもらっても構いません

しかし電気工事店の手配はしておきました

特に会社は水没して復旧するまでにお金が稼げなくなると困るので最低限の電気の確保や水害の復旧が出来るように業者は手配しておきました

勿論その費用が掛かるので何もなくても会社の他の工事をさせるために人だけは押さえておいて、結果的には何もなかったので、大型テレビの設置やその他アンテナ工事とかLAN工事をやりました



要するに台風に併せて他の工事を頼んでおけば、仮に何かあっても人員の確保は出来ますので復旧に手間取りませんからね

会社以外は流されたとしても全て損害保険のお金で全て新しい家電から洋服なども買って済みますので楽しみにしていたくらいです

今後は昔と違って過去最高の台風が毎年来ると思いますので、その際の準備は今からやっておいた方が良いと思います

思い出の品物を防水のケースに入れてコンパクトにまとめておくことですね

本当は貸金庫にしまっておくのが一番ですがお金が掛かりますのでいつでも持って行けるようにまとめておくことです

せいぜい段ボール2箱以内でしょう

また特に大事なのは損害保険の加入と補償費用を最大限に引きあげる事、会社であれば復旧するために事前にエレベーター工事から電気工事の業者の手配をしておくことですね

電気さえ何とかなれば良いですからね

何もなくて無駄な費用が掛かっても仕方がないと思わないといけません

私も今後は停電になった際の会社の業務を何処でどうやるかを外注に依頼する体制を普段から作っておきたいと思います

これからは毎年史上最大の台風が来ると思って良いと思います

「備えあれば憂いなし」ですからね

posted by ヒデミツ at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。