2019年10月02日

被害者妄想でしかない

Screenshot_20191002-092823_Internet.jpg
「安楽死」を扱った6月放送のNHKのドキュメンタリー番組が自殺を肯定する内容で、障害者や難病患者の尊厳や命が脅かされたとして、障害者らでつくる日本自立生活センターが放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議申立書を送付したとのニュースがありました

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6338219

前からあの番組に対して声明を出していましたが何なんでしょうか?

大体があの番組を見て障害者や難病者の尊厳が侵されるって全く思えませんよ



あの番組は自らの意思で治らない病気なので安楽死したいと思っても日本では出来ないからスイスに行ったって話ですからね

障害者や難病者に安楽死しろなんて全く言ってないですからね

BPOに申し立てをしたのはきっと障害者や難病者の家族なんでしょうね

被害者意識も甚だしいしいですよ

安楽死を求めている人って言うのはあくまでも自分の意思なんですから

人にどうのこうの言われている訳ではなくて自分の意思で安楽死したいと思っているわけで、あの番組も正にそれを言っておりましたからね



とんちんかんな意見としか言いようがないです

あの番組を観て多くの方が安楽死制度について考えるきっかけになって本当に良かったと思っておりますからね

BPOに訴えるなんて本当にバカバカしいと思います

posted by ヒデミツ at 09:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにズレた見解表明ですが、安楽死制度の是非議論そのものを無い事にしておきたい層よりはマシかなとも感じていました。

貴党が言う「希望者だけの為の制度」の真意が広くに理解されるきっかけになって欲しいと思っています。

Posted by yamyam at 2019年10月02日 19:39
私も、その番組、見てました。
素晴らしい番組内容でした、よくあそこまで取材したなと思いました。
スイスって進んでるねー
感想は管理人様とまったく同じです
あの番組で、安楽死をした人は気の毒でした。
もともと、キャリアウーマンでバリバリ働いてて人生これからとゆうときに、あんな難病になってしまって、あれはつらすぎる、安楽死を選んだからって、誰も責められないと思いますね。

まあだだ、安楽死反対派の人にとっては、許し難い番組でしょうね。
Posted by ダビドフ at 2019年10月07日 10:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。