2019年08月18日

山本太郎氏は自殺は生活苦の問題と言うが



昨年の年間の自殺者は2万598人です

交通事故死者数は3532人です

なんと自殺者は交通事故死者数の6倍もおります



交通事故の対策は色々と出来ますが自殺の原因は多岐に渡るためにやりようがないのが現状だと思います

れいわ新撰組の山本太郎氏は死にたくなる原因を作ったのは政治の責任だと言っておりましたが、私は政治の責任だとは思いませんが仮に政治の責任だとしたら「安楽死制度がない事」だと思います



自殺者は事故と違って自分の意思で亡くなっているので交通事故と同じように減らす事は無理だと思います



自殺者の思いは千差万別ですし、山本太郎氏は自殺はお金の問題だと思っているようですが生活苦のお金の問題だけじゃないですからね

山本太郎氏は自殺をお金の問題だと思っている所がダメだと思いますね



国が出来る対策は安楽死制度を作るしかないです

posted by ヒデミツ at 17:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
N国の立花さんとコラボしてガンガン知名度を上げてください
彼の戦略には学ぶところが多いはずです

私は安楽死会の支持者ですから、あえて厳しいことを申し上げると今のままでは次の選挙でも勝てません
Posted by よっしー at 2019年08月19日 00:19
確かに自殺の理由はお金だけではないと思います。いじめ・過労etc…
しかしお金だけでも解決できれば減らせるのではないでしょうか。
Posted by at 2019年08月19日 13:35
私も安楽死を考える会に全面賛成なので是非議席を少しでも多くとって訴えてほしいのですが、同じく今のままでは厳しいんじゃないかと思ってます。
ブログでの理念などどれも凄く共感するだけにもっと活動を活発化してほしいです。

一般に難しいことを代理にしてくれるのが政治家の仕事だと思うので、今のように地味な活動だと一般でブログ発信とほとんど変わりませんから。
派手に活動をすればいいものでもないし派手な宣伝は逆効果になると思うので塩梅が難しいとは思うのですが、真剣に考えてほしいテーマだからこそ実直に精力的に訴えてほしいです。
難病以外でも安楽死を望んでいる人は沢山いますから。
Posted by みと at 2019年08月20日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。