2019年08月03日

安楽死と臓器提供をセットに



昨日は以前から安楽死制度を訴えてNPO法人をやられている方とお話する機会がございました

安楽死制度って細かく条件を検討するとキリがなくて全く前に進みません



私は本人の意思で死にたいと思われるのであれば安楽死制度を適用させてあげて良いと思います

また、私は10年前の初めての衆議院選挙の際は、安楽死制度には臓器提供をセットにした方が良いと訴えましたが、今回の参議院選挙の際は臓器提供をセットでは訴えませんでしたが本当は臓器提供をセットに出来ると良いと思います

現在日本の自殺者は2万5000人で臓器提供を待たれている方は1万5000人いるので、正にどうしても生きたい方の命が救えますからね



どうしても死にたい方とどうしても生きたい方の意思を尊重できる結果に繋がりますからね

安楽死制度を利用される方には臓器提供をと言う考えは昔から変わりません

posted by ヒデミツ at 11:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メールでも要望しましたが、やはり臓器提供をセットのように言うのは反対です。
もちろん強制してはいないというのは分かりますが、仰るとおり、ただでさえ安楽死制度は「社会的弱者が安楽死を(半)強制される」という危惧を抱かれているのです。
それを払拭するだけでもハードルが高いのに、ここからさらに「臓器提供までも(半)強制されるのか」とまで恐れられたらさらに実現が遠のきます。

ちなみに私は保険証カードに「死亡時全臓器提供可」と意思を明記して常に所持しています。
なので個人的に臓器提供が嫌だからという感情論ではありません。

さらに言えば、私は「健康状態にかかわらず安楽死を認めるべき」という佐野さんの主張には大賛成なのですが、しかし制度のスタートとしては「末期患者への安楽死容認」を第一歩として目指すべきだと思っています。
それもひとえに、とにかく制度実現へのハードルを極力下げたいとの思いからです。

まずは最も大勢に受け入れられやすい条件でスタートし、その後さらなる条件拡大(緩和)を狙うという手順が、一番可能性を高められるのではないでしょうか。
制度が認められている国でも概ねそのような段階を踏んでいます。
Posted by k at 2019年08月03日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。