2019年07月20日

安楽死制度を考える会で選挙やって本当に良かった(動画)



本当に安楽死制度を考える会で選挙をやって良かったです

是非、皆様方のお力で国会に安楽死制度を訴える「言い出しっぺ」の議席を与えてください

宜しくお願い致します





posted by ヒデミツ at 23:38| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選挙で良い結果が出ることを願っております
万が一議席が取れなかったとしても私は安楽会の支持、応援を続けていきます
Posted by 安楽死党支持者 at 2019年07月21日 00:32
選挙戦お疲れ様でした。総得票数25万以上は大健闘だったと思います。
これからもなんとか議席獲得まで挑戦し続けていただきたいです。

正直、「支持政党なし」より「安楽死制度を考える会」一本に絞ってやっていただけると、目的が明確化して良いのではないかと思いました。

「支持政党なし」はアイディアとしては面白いものの色物扱いを受けることが多く、具体的政策も無いため、仮に議席を獲得しても世の中への訴求力は低いのではないでしょうか。
一方で「死の問題」は人類普遍のテーマですので、議席を獲得した暁には「ついにこの話題を国政レベルで真剣の議論すべきとの民意が得られた」というインパクトを残せます。

時代を変えることは難しいです。風穴を開けるためにはまず「一点突破」で行くしかないと個人的には思いました。

応援しています。これからもお体に気をつけて頑張ってください。
Posted by k at 2019年07月22日 06:34
全ての人が必ず通る「死」について、明確な考えを持っていることに賛同しました。
日本でも安楽死の選択ができるようになってほしいです。
今回、投票しましたが、議席が獲得できず、残念でした。
でも、次回も応援しようと思っています。
今後の活動に期待しています。
Posted by M at 2019年07月22日 19:16
誰も安楽死の話をしたがらない昨今、あえて汚れ役を買って出ることは
凄く勇気がいることです。
次回の選挙でも絶対に投票させていただきます!
Posted by ゆうじ at 2019年07月24日 15:20
安楽死について考える必要あるんだけどな。
介護してるとよくわかる、死にたいという老人が物凄く多い。いつ迎えに来るの?って嘆いている。
ベットで動けず何年も死ぬのを待ってるだけって人も多く見てる。

はっきり言って本人も苦しいし介護者も何で生きてるの?って思ってます。
生きたいというのなら当然協力はしますが回復の見込みがない100才近い老人が寝たきり・糞尿を垂れ流しで無理やり口に食事を放り込まれているのが現状です。

国家予算が足りない問題も自己選択で尊厳死を海外みたいに認めれば大きく改善されますよね、我が家では無駄な長生きはしたくないと両親の意思を聞いてますので将来寝たきりで回復見込みがない場合は永命はしないと決めてます。本人が一番しんどいでしょうし・・・
Posted by at 2019年07月29日 03:14
先日の選挙では一票を投じさせていただきました。
私も安楽死法案を可決していただきたいと常々思っていました。好きで生まれてきたわけでもないのに、生きていかなければならないのか、、はなはだ疑問しかありません。
自分の最期ぐらい自分で決めさせてほしい。
意思を持てるうちに。
Posted by とも at 2019年07月29日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。