2019年06月14日

私の戦っている相手

2be1a2b76d771479a2350a22db7a7a4c_s.jpg
人それぞれが考え方が違いますが、だれもが皆思っている悩みって言うのは将来の不安なんだと思います

私が安楽死制度を訴えているのは安楽死と言う選択肢がある事によって誰もが抱える将来の不安が軽減できるのではないかと思っているからなんです

一流企業だって現在稼いでいる人だって将来の不安がありますからね

一流企業もなにかの不祥事などで一気に潰れてしまう事もありますからね



私自身も今現在、安楽死で死にたいと思っている訳ではなくて、そう言う選択肢を世の中に作りたいって思っております

参議院議員選挙も近づいてきましたが、選挙が近づくと皆戦いになりまして、政党同士の戦いやら候補者同士の戦いになりますが今まで私は選挙で誰かと戦って思いはないんですよね

戦ったのは制度や世の中なんですよね

何処かを攻撃したりするわけではなくて見えない相手と戦っていたんですね

今回は戦っているのは世間でタブー視されている死についてなんです

死は世の中の人が全員迎えるものなのですが、その死については議論をしないので敢えて今回の参議院選挙では死についてを皆で考えたいって思っているんです




私の安楽死制度の訴えは、前向きに人生を歩む為の心の支えなんです

一生懸命前向きに人生を歩む人の心を将来の不安で遮りたくないって言う思いなんです

私の戦っている相手はきっと大変大きい人間社会全体の悩みなんだなって思っております

posted by ヒデミツ at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。