2018年12月02日

完全に無視している

akkisino.jpg
秋篠宮さまは53歳の誕生日の記者会見で、新天皇の即位後に行われる「大嘗祭」について「宗教色が強いものについて、それを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、宮内庁長官に意見を伝えたが、「話を聞く耳を持たなかった」と異例の批判をされたようですが秋篠宮様は本当に良いことを言われましたね

安倍政権が暴走している日本において皇室の方がこの様な真面な発言をされることは日本は真面な国だという事が海外にまでアピールされますよ

それにしても宮内庁長官も聞く耳を持たないらしいし、菅官房長官もコメントは控えるとした上で何ら変わりなく進めるとの事で要するに無視した形ですからね



宮内庁も官邸も無視するって言う事ですからね

これは国民を無視しているのと同じことです

これが今の安倍政権のありかたなんですね



本来はもう一度検討するって言うのが当然ですよ

菅官房長官のコメントは差し控えるって言う冷たい一言は秋篠宮様にも国民に対しても失礼だって本当に思いました

posted by ヒデミツ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。