2018年11月10日

裕福な人が得をする制度

konrann.jpg
来年の消費税増税に向けて政府は軽減税率だのクレジットカードでのポイント還元だのプレミアム商品券だのと色々な事を考えているようですが一番世の中が混乱するのは軽減税率ですね

そもそも軽減税率なんて誰の為にやるのかというと公明党の為ですからね

公明党が世間にアピールしたいから軽減税率なんて事が言われだしただけですからね

お店などは軽減税率の為にレジが混乱しますからね



そして新聞がなぜか軽減税率の対象になっているのもおかしなところですからね

これからも色々な業界が軽減税率にしてほしいって動きになるんでしょうしね

この軽減税率でおよそ1兆円の税収減になると言われております

それをまた何処かで補おうとすると何処かの税率を上げるかしないといけないのでまたまた社会が混乱するんですからね



軽減税率で得をするのは貧しい家庭ではないですからね

そもそも貧しい家庭はそんなに食費を掛けませんからね

デパートの地下や紀ノ国屋などの高級店で買い物をする人は食費に掛けるお金が高額なので軽減税率で得をしますが食費にお金を掛けれない家庭は全く得をしません

であれば軽減税率なんてやらないで減収となる1兆円分を貧しい家庭に配った方が良いと思いますよ

何が良いって小さな小売店も大型店もコンビニも消費者も混乱しないって事です

社会を混乱させ特に中小小売店の負担が増える軽減税率は本当に腹立たしいですよ

裕福な人が得をする軽減税率でを言い出したのは公明党だという事は覚えておきましょう

posted by ヒデミツ at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。