2018年11月09日

1番憎めない大臣

20181109_110643.jpg
ここ最近は桜田義孝五輪担当相の国会の答弁を観るのが楽しいですよ

ちぐはぐな答弁やトンチンカンな答弁はバラエティー番組よりも面白いですからね

以前民主党政権だったころの田中直樹元防衛大臣を思い出します

桜田大臣は就任早々の頃にも安倍総理は適材適所で人選したって言っているのに何で私が五輪相に任命されたか分からないなんて事を平気で言っていましたからね



適材適所で選んだって言うのも建前なんですから建前でも良いからこれから色々と準備や調整がある中で私を選んで頂いた事を重く受け止めてしっかりと頑張りたいとか言えば良いんですけどね

また昨日も今回の東京オリンピックの基本コンセプトを聞かれて事前通告がないと答えられないって言ったときは笑いましたよ

それは五輪相って何をする仕事ですかって聞かれて事前通告がないと答えられないって言っているのと同じですからね

今後もきって何を聞かれても真面な答弁は出来ないですからマスコミは喜びますよね

菅官房長官の様にどんなことも冷静に粛々と答える人と正反対ですからね

今まで当選7回で大臣になれなかった理由も分かりますね



きっと正直なんでしょうね

なんか悪いことはしなそうで裏表がなさそうなんで信頼できるとまでは言いませんが裏表がある人よりも良いですよね

次はどんな答弁が待っているか楽しみです


posted by ヒデミツ at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。