2018年10月14日

新聞はどちらかと言えば贅沢品の部類

syouhizei2.jpg
来年消費税の値上げを実施する旨の発表を総理はするようで今度はいよいよ本気で値上げするそうです

そして軽減税率も実施するようで混乱することは間違いないです

軽減税率とは食料品などの生活必需品に対し税率を低く抑える制度で今回の増税では、外食・酒類を除く飲料食品と、なぜか週2回以上発行される定期購読の新聞などが8%に据え置かれそすですが新聞がなぜって思いますけどね

新聞なんて今後ドンドン取る人は少なくなるし、生活になくてはならないものではないですからね



どちらかと言えば新聞は今や贅沢品の部類ではないかと思いますよ

新聞よりも病院の治療費や薬代とかもっと軽減税率をした方が良いものはありますからね

どちらかと言えば軽減税率をしないで贅沢品にだけもっと増税した方が良いと思いますね

また軽減税率をしますと今はスーパーなどでは食料品に限らず色々な物が売られておりますのでレジは大変ですね

増税前の駆け込み需要などもあり、増税後の消費の落ち込みなどを心配する声もあるようですがそれは前倒しするかしないかだけの一時的な事ですからそんなに心配しなくて良いし先に売上増えるから良い事ですよ。

長い目でみれば同じなんですから

それよりも消費税の増税よりも物価が上がる事の方が心配ですよ



スーパーなどに行っても野菜の価格って上下変動が大きいですからね

家電製品とかは昔に比べると価格が下がっていきますが車の値段は昔に比べてドンドン上がっていきますからね

特に今回の消費税の増税で軽減税率導入は混乱しますし対象商品を何にするかの選定も難しいですね

しかしなんで新聞が軽減税率って言うのはよくわかりません・・・・



posted by ヒデミツ at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。