2018年10月06日

社会は自分を支えれない

nenkinn.jpg
安倍首相は「生涯現役社会の実現に向けて、意欲ある高齢者の皆さんに、働く場を準備するため、65歳以上への継続雇用年齢の引き上げに向けた、検討を開始する」と述べたようですがそうすると企業の人件費総額はあがりますよね

今は人手不足の仕事もありますがコンピューターの発展と共に単純作業の仕事は減っていますからね

企業も最近は定年を延長して65歳までにしましたがこれを仮に70歳までにした場合は企業の人件費の総額は増えるために企業は嫌がりますよね


自民党でさえ候補者の定年を70歳としているのに企業には定年を延長しろって言うんですかね???

そもそも仕事が出来て会社が雇用したいと思えば65歳以上であっても雇用しますが、無理やり法律で70歳まで雇用しなければならないとなると企業としては全く役に立たないロクでもない人材までを雇用延長しなければならないので困るんですよね



今の社会はどちらかと言う仕事が出来ない人に優しく甘い対応なんですよね

政府は原則65歳としている公的年金の受給開始年齢を、70歳を過ぎてからにもできる制度改正も検討している様で継続雇用年齢の引き上げにより、受給開始を遅らせる高齢者の増加につなげたい考えのようですがそもそも年金だけでは生活は今度は出来ないと思います

絶対に自分で何とか稼げるようにしないとダメで高齢化社会になるなかで社会保障を充実させたらキリがなくなりますからね

物価も上がっていく中で絶対と言って良い位に年金では生活が出来ない世の中になっていくと思います

社会保障の充実を求めてもキリがありません

どう計算しても高齢化社会を社会保障制度で全員が乗り切る社会はあり得ないと思います



自分の将来を考えたら、自分の子供を若いうちから沢山作っておくか商売を始めておくかしかないと思います

子供が多ければ何とか老後を乗り切れる可能性がありますからね

それか自分で自分の家で商売をしたりネットを使って商売をしたりして自分だけでも食っていける様に出来るだけ若いうちから準備しておく必要があると思います

とにかく社会は自分を支えてくれない、そう思った方が良いでしょう
posted by ヒデミツ at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。