2018年10月05日

25年連続1位になれなかったが凄い

20181005_105835.jpg

米国で最も裕福な400人をランク付けする「フォーブス400」番付でビルゲイツ氏が24年連続1位から2位にランクを下げたようです

1位はアマゾンのCEOになったようです

これも時代の流れかもしれません、ビルゲイツ氏はマイクロソフトと言うコンピューターの多くで使われているソフトメーカーのオーナーですがアマゾンはソフトメーカーでなくマイクロソフトなどを使ってインターネットを介して物流をする産業ですからこれからはインターネットを介して物流なり仕事をする仕事が上位にランキングされてくるんでしょうね

4位はフェイスブック、5位はオラクル、6位と9位はグーグル、10位はブルームバーグだそうです



上位にはコンピューター関連の会社が多くおりますが、これが30年前ならば全然ランキングに入ってこなかったと思いますね

これからまた30年後には今度はどんな形態の企業が入って来るんでしょうかね????

きっとインターネットを使ってどういう仕事に発展させていくかと言う事が課題にはなって来るでしょう

そして今では想像がつかない様な仕事もランキングされてくることもあり得ますよね

マイクロソフトのビルゲイツ氏は24年間連続1位って言うのも凄い事ですけどね



四半世紀のあいだ1位を保つって事は四半世紀以上前から今日が予想がついていたって事ですからね

私は今後は物流の世界的企業も出て来るんではないかと思っております

商品をお届けするって仕事はネット社会が進めば進むほど重要になってきますからね

ドローンなどを活用出来れば相当に効率化が図れますね

今や商品は買いに行く時代から持ってきてもらう時代になってきておりますからね

30年後はどうなるんでしょうか?私の会社も30年後は創業60周年になりますので今と商売が全く違う事をしている可能性もあります

最近はまた新しい事業展開を考えておりますが商売って言うのはそういうのが楽しいですから辞めれません


posted by ヒデミツ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。