2018年10月03日

一般人には無名な研究者が沢山いるんでしょう

20181003_093808.jpg
今年も日本人がノーベル賞を受賞しました

がん免疫療法につながるたんぱく質「PD−1」の発見で本庶佑さんがノーベル医学生理学賞に選ばれましたが最近は日本人が毎年の様に選ばれるようになった来ましたね

と言う事はノーベル賞手前の人も相当数いるって事ですよね

日本人研究者の学術論文数が最近は少なくなっていると言われておりますが、論文数よりもノーベール賞の数の方が絶対に嬉しいのと同時に意味がある研究をしているって事ですからね




私の小さい頃はそれこそ10年に一人位の時期もありましたが最近は毎年に近い位に受賞のニュースがあり逆にないと寂しい位ですからね


商売は売上が上がればそれが評価として満足感が得れますが、研究って言うのは発見しただけではダメでそれが学会なりで発表され、そしてそれが臨床実験などを経て使われるようになって初めて成功の満足感が得れるんでしょね

そして最後はノーベル賞を受賞すれば最高ですからね

商売と違い直ぐに評価されない研究を続けるって事は本当に大変な事ですからね



本庶佑さんという名前だってノーベル賞の受賞の時までは世の中の人は全く知らなかったはずです

ノーベル賞受賞者以外でも、それに近い世の中に役立つ研究をしている人も沢山いると思いますが世間には一切それは知られませんので孤独な戦いを狭い世界でしている感じがあるんでしょうね

商売は自力で会社を大きくして行けて有名にもしていけますが研究と言うのは違いますので本当に大変だなって改めて感じました

posted by ヒデミツ at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。