2018年10月02日

待機組の寄せ鍋

20181002_144105.jpg
安倍政権は内閣改造をするようでニュースで名前が次から次への上がってきておりますが全然面白くもない顔ぶれですね

若手もいないし、抜擢なんていうのもいなくて当選回数が多いのに閣僚になっていなかった人たちが初入閣するだけでとても適材適所で選んだとは思えません

どちらかと言うと今まで当選回数を重ねているのに大臣になれなかった非主流派の人達の寄せ集めですよね



以前は当選回数が5回くらいで大臣になれていたのが最近は自民党が圧勝するから議員の数が多くなってきて当選7回程度しないと大臣の機会が廻ってこない感じですよね

今の閣僚人事は適材適所と言う言葉が一番似合わず寄せ鍋か闇鍋か位の言葉が似合いますよ

政権が長くなるとこの様に適材適所でなくとも大臣を待っている人を入れていなかなければならないって事なんでしょうね



私は昔子供の頃は組閣の顔ぶれが載った朝刊を見るのが楽しみでしたが最近は楽しみでもなくなりました

極論言うと今度の内閣は、妥協の闇鍋内閣でしょう

次の参議院選挙までにどれだけの不祥事が起きる事だか・・・・・

posted by ヒデミツ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。