2018年09月11日

理屈と時間を稼ぐ委員会

最近は企業や団体などで不祥事が起こりますと第三者委員会と言うもの立ち上げて調査報告書をまとめて発表する様になってきておりますがこの第三者委員会の調査報告書を格付けする組織があるようです

その名は「第三者委員会報告書格付け委員会」というそうです。

会社が意のままになる弁護士らを雇って、問題を事なかれで丸く収めようという下心が感じられる報告書も少なくないとの事で格付けをする委員会を立ち上げたそうですがそれも人の会社の不祥事に勝手首を突っ込んできて余計なお世話だしそもそもは第三者委員会自体が無意味だと思います

第三者委員会はそもそもは不祥事を起こした企業や団体と関係のない人達によって公正な立場で調査するのが目的ですが、そもそもそれが無理があるんですよね

その第三者委員会の調査費用を何処がだすかが問題になります。

不祥事を起こした企業などがその費用を負担したら絶対に意のままに報告書が作られますからね。



本当はその費用は外部の者が出さないと公正な報告書は出来ませんがそんな費用を出す人は中々いません

唯一その費用を出す可能性があるとしたら同業他社ではないでしょうか。

同業他社であればライバル企業の不祥事を大きくしてイメージダウンを図り自社の売り上げを伸ばそうとしますからね

捜査機関でないので強制的に会社の内部の資料をもってくるわけには行きませんから、調査は第三者委員会の弁護士さんなどに任せて費用は同業者が出すって言うのもありですがそれは不祥事を起こした会社などが認めないと出来ませんので事実上は難しいですけどね



しかし本当に真相究明したければ絶対に第三者委員会の調査費用は不祥事を起こした会社以外が出さないと究明できないと思います

まあ第三者委員会報告書格付け委員会なんか勝手に作ってやるのも良いですが、勝手に格付けされたら迷惑な話ですけどね

そもそも第三者委員会自体が不祥事を起こした企業などの建前的な措置ですからね。

第三者委員会って言葉が最近よく使われておりますが私からすると 「理屈と時間を稼ぐ委員会」で調査報告書の発表までじっくりと理屈と時間を稼ぐのと同じだと思います

強制でなく任意で立ち上げる第三者委員会なんて私は全く無意味だと思います

posted by ヒデミツ at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。