2018年08月13日

人の足元見られる期間に

DVC00405-thumbnail2.jpg
いよいよ お盆期間が始まり行楽地なども大混雑します。この様な中で気を付けなければならないのがコインパーキングの料金設定です。

良く看板を見て止めないと いつもとは全く違う高額な料金設定になっているところがあります。

私もコインパーキングを経営しておりますがコインパーキングは正に人の足元を見る商売ですので需要のある所は高額な設定になるんですね。

青森ねぶた祭の期間中、青森市内の駐車場で料金を1時間5000円に設定し、中には6万円以上も支払わされたというクレームが出て、地元のテレビでも取り上げられるそうですが、私に取ってみると当然の事なんですよね。



お祭りはコインパーキング業界にとっては絶好の稼ぎ時なんですよね。

1時間2000円から3000円は当たり前ですからね。

16510_914876675218892_7731685567519648151_n-thumbnail2.jpg

ねぶた祭りの1時間5000円はかなり高額ですがあり得ます。

有名なのは靖国神社周辺です。

お盆や年末年始はどこも一斉に値上げして特別料金になります。

別に地代が上がるわけでもないですが需要が上がるのでコインパーキング業者は一斉に値上げしますからね。

需要と供給のバランスで価格を決めるのは商売の基本中の基本ではありますけどね。



旅行だって同じ旅館でもお盆やゴールデンウィークなどは高額な設定になっておりますので。

この期間は何処も行楽地は稼ぎですから、コインパーキングに限った話ではありません

今日からお盆休み真っ只中になりますので、特に行楽地周辺のコインパーキングの料金には注意してください。

と言っている私のパーキングも値上げしますが・・・・・・

posted by ヒデミツ at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。