2018年06月29日

悪徳業者の特徴

akutoku.jpg
私の会社は登記情報をネットで取得する登記簿図書館というサービスをしておりまして恐らく民間企業は最も不動産登記情報や商業登記情報を持っていると思いますが最近よく取られている登記情報は栃木県の那須や日光及び北海道の田舎の町や村の土地の登記情報なんです。

何に使うのかは判りませんが原野商法などでなければ良いけどとは思っています。

またそういう田舎の土地の登記情報を取る業者さんは私の会社での与信枠も低い会社が多く訪問してみて怪しい場合などは取引停止も致します。

また月間の取引の与信枠が低いので直ぐに利用停止になってしまい、先に利用したい分のお金を振込んでもらうとその振込んだ金額分を使えるようにするようしております。

そう話すと大概は振込んでくれますが結構金額が大きくて100万円以上登記情報を使う所もございます。

100万円と言う事は3000件以上の登記情報を取りますが、取った後にそれを100万円以上の利益に繋げれているのか、もし100万円以上の利益になっているとしたらどうやっているのかが知りたいです。

本当に何にもない原野の登記情報を取っているので不思議なんですよね。



そしてそう言う業者さんがここ 2〜3年で相当数増えているんです。

私の会社もネットの書き込みや不動産業者の行政処分などを毎日検索して何かあると利用停止にするようにしておりますが本当に最近同じような原野の登記情報を取る業者が増えています。

最近は太陽光のパネルを付ける業者も増えてきており原野の登記情報を取るので原野だからダメと言う訳ではないですが月間に100万円以上も利用して元が取れるのかなって思ってしまいます。

昨日このブログで書きましたのはファックスDMについて迷惑だと言う話をしました、登記情報を取った場合にはきっと郵送でのDMもしくは訪問になると思いますので郵送でのDMでしたら捨てれば済みますが訪問ですと訪問された方は迷惑になってしまいますので訪問は余程慎重にしてもらわないとダメですね。

どんな商売も人と同じような事をしていたらダメですから、色々と知恵を絞って人のやっていなやり方で商売をするって言うのはどんな業界でも鉄則ですがそれがお客さんが喜べば良いですが、悪い事を考える人も中には居るんですよね。



取引をする相手の与信って大事ですよね。

私も毎日私の会社の各サービスに申し込みのあった企業の与信をしておりますが最近は怪しい会社も増えてきておりますので本当に慎重にしております。

私も最近は毎月400社位を与信をしておりますので会社名や住所を見ただけで大体予測も立つようになってきました。

騙そうとしている会社はホームページなどもある事はありますが特徴は「信頼」「嘘のない」「誠実」「信用」「安心」「誠実」このキーワードが多く使われております。

普通はそんな事は当然なのでしょうが悪い事をしようとしている人は自分が悪いからこの様なキーワードを付けたがるんですね。

もし怪しい会社がありましたらホームページを見てください。

似た様なキーワードがあるはずです。
posted by ヒデミツ at 14:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「21世紀に相応しい医療体制を構築する」と謳っておきながら、tobaccoを売る似非医師を理事に任じる理由を問われるや、暴力団を差し向け「批判すると逮捕する!」等と逆ギレする小矢○市医師会は、善徳な存在だと言えましょうか?
Posted by サイゴノセダイ at 2018年07月04日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。