2018年06月24日

普通の倒産で済んだのに

tousan.jpg
今年1月の成人の日に新成人に振袖を提供できずに話題になった「はれのひ」は先日の債権者集会では、同社側に資産はほとんどなく、債権者への配当は不可能との見通しが示された上に元社長は逮捕されてしまいました。

しかし「はれのひ」の資金繰りは相当に悪かったようですが報道を見ておりますと最初から自転車操業だったんではと思えてしまいます。

社長の逮捕容疑は粉飾決算をして銀行からお金を借りたとの事ですが、この事件の本当の容疑は成人式当日に晴れ着を提供できないことが分かっていたのにお客さんからお金を取った事なんですけど、それで立件するのは難しいのでしょうかね。

粉飾して融資を受けて他の借り入れの返済に廻す事をやり始めると赤字に拍車が掛かって資金繰りが悪化します。



粉飾して黒字を出せば赤字で資金繰りが悪いのに税金も払わなければならなくなりますからね。

どうせ粉飾して借り入れをしたならば今回であれば他の借り入れの返済に廻さずに最後にその調達した資金で新成人に晴れ着を提供していればここまで問題にならずに会社は普通に倒産出来ていたと思いますね。

新成人に晴れ着を提供できなくなれば大変な騒ぎになることだって元社長は予想出来たはずですからね。

金融機関に借り入れの返済が出来ないで倒産する会社は幾らでもありますし、取引先に支払いが出来なくて倒産する会社だってありますが、よりによって成人式に晴れ着を提供できないって言うのは被害者の被害感情が大変大きいと思いますね。

普通の倒産と違いますからね。



そしてこの社長は債権者集会にも出てこないって呆れてしまいます。

私も今まで倒産する企業を何社も見てきまして債権者が怒っている場面なども見てきましたが「はれのひ」の最後は悪すぎますよ。

成人式当日に雲隠れしてしまうんですからね。

芸能人でも大借金をして長年掛けて返していくという話も聞くことがありますが逃げていないですからね。

この元社長は会社の終わらせ方も下手で最悪でしたね。

せめて成人式だけ乗り切れば普通の倒産で済んだのに。

posted by ヒデミツ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。