2018年06月20日

敢えて昨日にしたのか

kaiken.jpg
昨日は突然加計学園の加計理事長が記者会見を行いましたが何でこの時期なのかって皆思っていると思いますが加計側としては丁度良い時期だったのかもしれません

本当は前日に大阪で大きな地震が来ているので敢えてこの時期にやらなくても良いのではって思いますが、もしかすると逆にこの時期だからやったかもしれませんね

それに昨日はワールドカップもあり世間の注目が散らばりますからね



まあどうせ会見なんて開いても開かなくても言う事は決まっていますので私が加計理事長に代わって回答が出来る位に想定の問答だったですね

安倍総理と古くからの付き合いで仲が良いので仕事の話はやめようと言う事になっていると言っておりましたが、それはそうだと思いますね

ただ獣医学部設置の話はしていたと思いますね

マスコミも会見が不十分だとか言われていますが、この会見は時間を何倍にしても同じことの繰り返しで全く世論が求めている様な答えは返ってこないですよ



あの会見は長引けば長引くほど堂々巡りで意味がなくなっていきます

昔から何か起こると会見が開かれますが謝罪の気持ちのない会見は開かれても国民が納得するような事ってないですよ

先日の日大のアメフト部の加害者側の学生の会見は納得できましたが、あの会見は本当に謝罪する誠意が伝わってきましたから納得出来たんですよね

昨日も朝に突然会見の予定が決まったそうですが加計学園の問題はもう既に一年以上たっていて急遽会見を開くような切羽詰まった問題ではないのに急遽するところなども加計学園側の都合ですね

まあ昨日の会見で加計学園の理事長の言葉も聞けたし、もうこれ以上追及しても何も変わらない事は確実になりました
posted by ヒデミツ at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。