2018年06月09日

親が求める子供の反省像

shitsuke.jpg
東京都目黒区のアパートで両親に虐待された末に子供が死亡し反省文が報道されておりますが、あの反省文は親の意向の反省文ですね

恐らく毎日親に言われ続けたことなんだろうなって思いますね

5歳の子供ですから反省文は中々書けないと思いますし内容が大人から見ると大変よく出来ている内容で普通の大人が子供に求める理想の子供の反省する姿ですからこそ逆に本当に可哀想だって共感をよぶんだと思います



一般的に親が求める理想の子供の反省像なんですよね

今回の事件の親は自身の親からも同じことを言われていたと思いますね

自身の親からも散々言われていたことを自分の子供にも言ってしまうんですね



反省文の中で「あしたのあさは きょうみたいにやるんじゃなくて もうあしたは ぜったいやるんだぞとおもっていっしょうけんめいやって パパとママにみせるぞというきもちで やるぞ」って絶対に親が言わなければ書きませんからね

朝4時に起きてひらがなを勉強していたのも、きっとこの親も子供の頃に朝早く起きて勉強しろとも言われていたと思いますよ



だから4時に起きてひらがなの練習をしていたんでしょね

今回の事件の様にご飯を長い期間あげないとかはないですが昔から「ご飯抜きよ」とか言われて家庭で子供にたいしてしつけが行われていますからね

マンガのサザエさんでもカツオが波平さんから怒られてげんこつされたり物置小屋に閉じ込められたりすするのだって当たり前の様に放送されていますからね

昔と同じように子供にしつけをしようとすると今じゃ虐待って言われますね



私だって昔は怒られて殴られたこともありましたし反省文なんて小学生の頃は何度も書いた事はありましたらね

反省文を書く時は反省の内容ではなくて反省文を受け取る親や先生が何て書いたら喜ぶかって事を基準に書いていましたよ

虐待のニュースはよく流れていますが特に今回の事件が多くの大人に涙と共感を感じさせたのは普通の親が良く子供に叱る言葉がそのまま子供の反省文に出ているからなんでしょうね

今回の反省文を観て可哀想だと言う気持ちは当然ですが同じことを自分も親に言われてきたし自分も子供に言っているなって思い他人事の様には思えませんでした


posted by ヒデミツ at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。