2018年05月04日

世論調査は国民の声だから

昨日は憲法記念日であり且つ最近は憲法改正論議が高まっていることからNHKでも憲法改正の論議や解散についての各党の論議が行われており、また全国各地でも講演会などが開かれていたようですが支持政党なしはこういう論議に参加できないなって思いました

NHKの番組で各政党の代表者が色々と論議をしているとどの政党も我が党としてはという事で持論を述べ、色々と前置きを付けて長々と喋りますが仮にそのような討論会に我が支持政党なしが呼ばれていたとしても、どんな質問をされても我が党としてはと言う発言が出ないので話が噛み合いそうにないんですよね

我が党は自身では決めれないので全ての事柄は「ネットを通じて皆様方の意見を聞いて決めます」と言う答えしかないんですよね



但し、どの事柄も賛否のどちらの立場でも解説を付け加え、もし賛成ならばと反対ならばで世の中がどういう事になるのかを簡潔に説明しなければならないので評論家的な発言しか出来ません

昨日は解散権についても論議がされておりましたが各党は必ず何かにつけて解散で国民に真意を問うって言っておりますがそんなにイチイチ何かにつけて解散して真意をと問いていたらきりがないですからね



今までの政治の常識は間接民主制ですから全ての事を国会議員に丸投げする感じ何でなんとなく、この人もしくはこの党が良いかって言うように各論ではなくて総論でお任せしてきておりますから、各党がテレビなどで討論する際も我が党はって言って自分の党の考え方を示して国民に訴える訳ですよね

しかしネットを通じた直接民主制を訴える我が支持政党なしは我が党はって言う話がないんで全く違うんですよね

本当にきっと国会で議論んされているような事を討論する場に行ったとしても話が噛み合わない気がします



しかしその噛み合わないことこそが今までの政治のシステムとは違う証なんですよね💡💡💡💡

どの党も国民主権だのという事を言っておりますが全く国民主権ではなくて自分たちの考え方を押し付けようとしているだけですからね

テレビでも世論調査が度々放送されますが本当はこの世論調査に従う政党があっても良いと思いますけどね

世論調査は国民の本当の声ですからね

本当の国民主権を訴えたいならば、支持政党なしのネットを使った直接民主制に以外にはないと思っております
posted by ヒデミツ at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。