2018年03月11日

低予算で市民に安心感を与えれる

raifu.jpg

東北の大震災から7年が経ちまして復興が進んでいるとは思いますが私はあの震災の時からとにかく津波の恐れがある地域ではライフジャケットが必要だと思っております

高い壁を海岸線に作っていくのも良いですが予算も日数も掛かり、その間にまた震災が来ないとも限りませんからね💥💥💥💥




津波が来そうな地域には家庭にライフジャケットを配るのと同時に街角にも特に学校や公共施設の外壁などにはライフジャケットをぶら下げていつ震災が来て津波が来ても直ぐにライフジャケットを着れるようにすることが大事だとは思いますね

ライフジャケットを着ていれば死なないかと言うとそんなことはないですが、着ているだけで安心感が増しますからね

船とかにも乗る際はライフジャケットを着るのと同じでライフジャケットを着ていれば死なない保証はないですがライフジャケットを着ているか着ていないかで海に投げ出された時の生存率は格段に上がると思いますからね😃😃😃😃




ライフジャケットは1着1500円前後で買えますので津波が来そうな地域の全家庭に配っても高い防波堤や避難台を作るよりも即効性がある津波対策になると思います

避難台は階段ですし高齢者には上るのにも大変ですからね



とにかくライフジャケットは即効性がある対策になりますしあるだけで心の安心感に繋がると思うんですよね ❤❤❤❤

低価格で直ぐに市民に安心感を与えれるのがライフジャケットだと思います😃😃😃
posted by ヒデミツ at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。