2018年02月03日

早期発見されても困る

tanaka.jpg
血液を使いアルツハイマーを早期に発見できる手法を以前ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんの技術を活用して出来る様になるようですが治療法の見つかっていない病気を早く知っても嫌ですけどね

要するに不治の病を早く知っても困りますからね💡💡💡💡




まあ将来的にはそれが功を奏して治療法が発見されるかもしれませんが治療法が発見されてからならば良いですが治療法が未だ発見されないままに貴方は将来アルツハイマーになりますよって言われても困りますからね💥💥💥💥

早く研究を進めてアルツハイマーの治療に役立ててほしいですね😃😃😃



しかし医学はドンドン発展して人間は長生きしますね〜〜〜〜〜

益々安楽死の議論は必要だと思いますよ😃😃😃😃😃😃



posted by ヒデミツ at 11:50| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 オプジーボ(一般名,ニボルマブ)のような高価な薬剤で、患者が長生き出来たとしても、それが良い事かよく考えるべきでしょう。
 最悪例:長年喫煙→肺癌→労働不能→生活保護→自己負担なしでニボルマブにより延命・・
 おぞましさで卒倒しそうです。
Posted by サイゴノセダイ at 2018年02月04日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。