2016年06月05日

公約じゃない

自民党がこの参議院選挙で下のような公約を掲げました。私の考えを下に書きます。

◇自民党の参院選公約(骨子)

・国内総生産(GDP)600兆円  

  政府がどうのこうのする問題ではなくて世の中の流れの結果の数値である。

・保育の受け皿を50万人分増

  出来ればそれに越したことがないが、そもそも世の中が少子化なのに何で保育所が不足するのかの根本を考えた方が良い。

・安全保障法制であらゆる事態に対応

・消費税率10%への引き上げを2019年10月まで延期し軽減税率を導入

  庶民は喜んでいるが、いつかはやれなければならない。私は消費税は上げたり下げたりすれば良いと思う。

・赤字国債に頼らず社会保障を充実

  それが出来ないから困っているので具体案は?


・20年度の国・地方の基礎的財政収支の黒字化目標を堅持

  目標は目標で良いけどそんな具体案のない目標は公約でもなんでもない。


・同一労働同一賃金の実現

  同一労働同一賃金になると賃金が下がる恐れがある。上の賃金に併せる経営者はいないから。



・衆参両院憲法審査会で議論を進め憲法改正を目指す

  憲法の何処をどの様に改正し国民にどんな影響があるかを具体的に示した方が良い。



★要するに自民党の公約は目標であって公約でもなんでもないって言うのが私の見方です。
posted by ヒデミツ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。