2022年11月09日

お金をどう使うかは本人の自由

24941486_s.jpg

岸田総理は旧統一教会の問題をめぐり、悪質献金などの被害者を救済するための新しい法案について今国会で成立を目指そうとしているようですが公明党はどう思っているんでしょうかね

悪質な寄付について取り消しや損害賠償請求を可能とするとの事ですがこれが成立すると宗教団体は困ると思いますね

しかし宗教にのめりこむ人は、その人自身はのめり込んでいて充実した人生なんですよね

家族が迷惑なだけで本人は幸せなんですからね

本人が好き好んで行った寄付を家族の訴えで取り消されたり出来たら困ると思うんですけどね

宗教って私は何にものめり込んだ事はないですが、当事者本人は心のよりどころとなっていて生き甲斐になっているんでしょうから家族はほっておけばよいと思います

私も自分の親や子供が宗教団体にのめり込んでいたとしたら諦めますね

それが本人の幸せなんですからね

親のお金も子供のお金もその本人の好きに使わせればよいと思いますからね

当事者本人が好きでのめり込んでいるんですからほっておけばよいと思いますよ

ハッキリ言って余計なお世話にだと思います

親のお金をあてにする子供の方が醜いですよ

宗教に限らず趣味にお金を使う人はギャンブルにお金を使う人だっていてその人それぞれの自由ですからね

こんな法律を作る必要なんてないと思います
posted by ヒデミツ at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする