2021年10月03日

協力金がなくなってからが飲食店の勝負

22015022.jpg

緊急事態宣言が明けて私の地元の蒲田の街も夜の賑わいが戻ってきております

今まで自粛要請を無視して営業していた店は常に満席状況でしたが今はガラガラになっております

今までは開いている店がなくて行くところがないから美味しくなくてもお客さんが入っていたのですが店がみんな開き始めたら全然お客さんが入らなくてなって見ていて面白いくらいですね



やはり行くところがないとどんなに美味しくなくても無愛想な店でも混んだのですが普通の状況に戻ると誰も行かなくなるのは自然の現象ですからね

これからが飲食店にとってみると本当の試練になるんではないでしょうかね

みんなこの1年半で早く飲んで早く帰る習慣がついていますから終電近くまで飲む習慣に戻れないのではないでしょうか

東京は21時閉店が要請されていますが21時くらいに帰るのは本当は丁度良いんですよね

電車でも帰れますし翌日の仕事にも影響出ませんからね

凄く良いサイクルで生活を終えれるのは飲み屋を21時に出て家に帰る生活サイクルなんでしょうね

私も夜中までになってしまうことがたまにありますが絶対に翌日とかにも影響出ますし体にも悪いなって思いますからね

でもこうやって緊急事態宣言が解除になり今後は協力金とかも出なくなると飲食店にとっては大変な時代が来ますが淘汰されて良いのかもしれません

協力金が出なくなるこれからが一番コロナが原因で飲食店がダメージを受ける時期になると思います