2020年11月26日

二者択一の選択は国民の判断に任せるべき

20201126_145145.jpg

連日コロナの感染者数の増加のニュースばかりで、西村経済再生担当大臣はこれ以上拡大すれば緊急事態宣言も視野にいれなければいけない様な話がありますが、それならばGOTOを全て辞めれば良いと思いますよ

小池知事や吉村知事はGOTOの見直しの判断を国にして欲しいって言っておりますが当然ですよね

GOTOは国の事業ですからね

今は経済を諦めるか感染拡大を諦めるかのどちら二者択一の状況です

感染拡大地域では飲食店の時短要請が出てきました

GOTOトラベルやGOTOをやりながら時短要請って話がおかしいですからね

飲食店に21時までに終われって言ったら営業するなって言っている様なものですけどね



まあ22時までならば大丈夫でしょうが21時でも22時でも24時までやっても開いている以上は時間が何時まででも同じだと思いますけどね

早く終われば良いって言うもんではないと思いますよ

時短をしてもそんなに変わりませんよ

とにかく経済をとるか感染拡大防止するかの二者択一の選択は国がするよりも国民に任せた方が良いと思います

感染者が拡大すれば自然と飲み会を控えますからね



とにかく国が主導して自粛を要請するとそれで店の売上が下がったり潰れたりすると国に恨みが出ますからね

自然の流れで売上が下がったりする分には諦めがつきますからね

とにかく自然の流れに経済も感染拡大も任せるべきだと思います

posted by ヒデミツ at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする