2020年10月25日

企業も安楽死が必要

3420568_s.jpg

コロナウィルスの影響で企業も人を雇いきれなくて解雇する状況になっている所も多いようですが、解雇を認めないと会社が潰れて今度は解雇しなくて良い人までも道連れになってしまいますからね

持続化給付金などは一人でやっているお店や会社は恩恵がありますが人を雇っている会社には全く意味がないですからね

ANAとかも大赤字ですからね

ANAは未だ政府がなんとかするかもしれませんが、普通の企業ならば潰れてしまいますからね



コロナでどうしようもない企業は自ら潰れられる様に負債を政府が肩代わりして会社を整理出来るようにした方が良いと思いますね

要するに中小企業が金融機関から借り入れをする際に利用する信用保証協会の経営者がする個人保証を外してあげればよいんですよね

そうすれば中小企業は会社を潰すことが出来ますからね

要するに企業が安楽死出来るようにすれば良いんですよね



企業は売上が上がらなくなれば潰すしかないですが負債があると中々潰せないのが現実ですからね

経営者は最後の最後まで何とかしようとして借金も重ねるかもしれませんが、潰れそうな会社が借金を重ねても結局再生はせずに倒産が少し延期されるだけで、最後は負債総額が膨らんで悲惨な結果になります

今はコロナで苦しむ会社が多いとの事ですから、会社を小手先の事で延命するのではなくて会社を安楽死で潰せるようにしてあげることも大事だと思います


会社の安楽死も大事だと思います

企業が安楽死出来ないと社長が自殺する可能性もありますし、退職金もなしに辞めなければならない従業員も沢山出てしまいますので・・・・・

posted by ヒデミツ at 17:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする