2020年08月02日

休業要請と雇用

Screenshot_20200802-112146_Internet.jpg

西村康稔経済再生担当相は新型コロナウイルス対策の特別措置法改正に関し、休業要請・指示に従わない場合の措置として「命令や罰則の新設はあり得る」と明言しておりますが、それならば雇用をどうにかして欲しいです

休業させられるのに人を雇い続ける事は出来ませんので、その分の人件費を国が保証してくれるのならば休業できないでもないです

家賃とかは大したことないですが人件費負担が企業としては大変ですからね



企業にお金を配るのではなくて従業員に直接、国から前月と同様の給与を補償してくれれば良いと思います

一律に幾らではなくて前月か前年度の年収から人それぞれに応じた収入を補償して欲しいです

そうでないならば命令や罰則を付けて休業要請はしないで欲しいです



それかコロナ解雇を認めるかって言う選択肢もありますが、そうしないと企業はもちませんからね

とにかく雇用さえ何とかなれば皆休業には応じると思います

しかしそれも非現実的ですから休業要請は要請で罰則なしにするしかないと思います

posted by ヒデミツ at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする